April 15, 2018

ダウンロード











■The Buzz

ドラエモンと同様、かなり、ヒットしているようだ。

で、鑑賞することに。

観た目は可愛い赤ちゃんなのに、中身は 口が悪く、人使いの荒いおっさん、

というアイデアが斬新で、売り。

でも、子供向きの内容と思いきや、かなり混みいったストーリー展開で、

大人向きの内容?

可愛い赤ちゃんと可愛い子犬の争い。

独創的なアイデアではあるのだが、−−−。

トム・マッグラス監督「ボス・ベイビー(吹替え版)」


映像は 好きではありません。

どうでもいいような内容で、残念ながら、途中で寝てしまいました。

■解説
・『怪盗グルー』シリーズなどのユニバーサルスタジオと、
 『シュレック』シリーズなどのドリームワークスアニメーションが
 組んだコメディー。大人並みの知能を誇る赤ちゃんが巻き起こす騒動を
 描く。監督は『マダガスカル』シリーズなどのトム・マクグラス。
 『恋するベーカリー』などのアレック・ボールドウィン、
 『熟れた果実』などのリサ・クドローらがボイスキャストを務める。
 スーツをビシっと着こなす赤ちゃんの姿が、奇妙で愛らしい。
 シネマトゥデイ (外部リンク)
■あらすじ
・両親に愛され、幸せな毎日を送っていた7歳の男の子ティム。
 ある日突然、彼のもとに弟だという赤ちゃんがやってくるが、
 黒いスーツとサングラス姿で手にはブリーフケースを持っていた。
 困惑するティムを尻目に、両親は赤ちゃんに絵本を読んだり、
 ハグをしたりと言いなりだった。やがてティムは、弟が
 ベイビー株式会社の社員で、世界の愛情の比率が赤ちゃんより
 子犬に傾く中、発表される予定の新種の子犬の正体をつかむよう
 命じられていることを知る。

(映画評価表)

・ストーリー ★★★
・キャスト  ★★★
・映像    ★★
・音楽
・美術
・衣装
・好/嫌度  ★
・その他

☆  時間があり、映画が好きな方は観てください。
      (目安=450円)
☆☆☆   観てください。料金価値はあります。
      (目安=1800円)
☆☆☆☆☆ 是非観てください。最高です。感動します。
      (目安=5000円)お読みいただいて、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下記をポチッとクリックしていただくと、今後の励みになり、感謝・感激です。
ブログランキング


パーキンスt104872 at 02:53│コメント(1)映画 |    −コメディー

この記事へのコメント

1. Posted by 時かけファン   April 15, 2018 20:29
この映画は、予告編があまり良くなかったので、本編を見る気にはなりませんでした。

ところで、『この世界の片隅に』が連続ドラマ化されるようですね。主演は松本穂香さんだとか。透明感のある松本さんなら、すずさん役にぴったりだと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字