April 16, 2018

img013













読書会のIさんから ハガキ(縄文だより)をいただいた。

 「仕事消滅」  「すでに機械に奪われている」

人口知能とロボット。

人口減少傾向が加速化、特に若者人口の減少、が背景にあるのかも

しれなが、そのような動きが加速しているのか、と教えられた次第。

ハガキを読んで、ふっと下記が頭をよぎった。

一つは 過日亡くなられたホーキング博士の下記言葉。

 「人類は 人口知能の発達と 遠い宇宙の異生物の存在に十分気をつける
  必要がある」

もう一つは スタンリー・キューブリック監督の傑作「2001年宇宙の旅」

におけるロボットの人間への反乱である。

天才二人(ホーキング博士 スタンリー・キューブリック監督)の

言葉を 今一度 かみしめるべき時期なのかもしれない。

Iさんに 感謝!

お読みいただいて、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
下記をポチッとクリックしていただくと、今後の励みになり、感謝・感激です。
ブログランキング


パーキンスt104872 at 04:26│コメント(0)生涯学習 |    −ハガキ道

コメントする

名前
URL
 
  絵文字