October 28, 2019

img640















週刊文春の書評を見て、購入した。

 山本多津也氏「読書会入門」  人が本で交わる場所

山本多津也氏の読書会の内容、その始まりのきっかけ、拡大していく過程等

非常に参考になる。

私も 森信三先生の読書会に 15年くらい関わっているが、目からウロコだ。

帯にある下記8カ条は かみしめる価値がある。

 ・本の読み方は十人十色。感想はみんな違うのが当たり前。

 ・自分とは違う感想に出会ったら、「自分は何故そうのように思わなかったか」を
  考える。

 ・心の中で考えているだけでは実は何も理解できていない。

 ・唯一のルールは 他人の考えを否定しないこと。

 ・読書会は出会いの穴場。結婚するカップルも続々誕生。

 ・これからは感想も知識もシェアーする時代になる。

 読書はアウトプットすることで、初めて完成する。

完読し、今後の読書会活動に活かしたいと思う。 

お読みいただいて、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
下記をポチッとクリックしていただくと、今後の励みになり、感謝・感激です。
ブログランキング


パーキンスt104872 at 19:47│コメント(8)小説・記事・講演・ 他 | つぶやき

この記事へのコメント

1. Posted by 時かけファン   October 31, 2019 21:18
私は最近、『望星』11月号に載った、島田潤一郎さんの「本のゆくえ 小さな出版社が見る風景9 本の声は小さいけど」に感銘を受けました。

よろしければ、お読みになってみてください。
2. Posted by パーキンス   October 31, 2019 22:09
ご訪問をありがとうございます。

機会があれば、読んでみます。

よろしく。
3. Posted by 時かけファン   November 01, 2019 20:05
8カ条は、映画にも当てはまりそうですね。

でも、やっぱり、自分とは違う感想を目にして、「自分はなぜそのように思わなかったか」を考えることは、難しいです。

4. Posted by 時かけファン   November 01, 2019 20:08
トピックとは関係ない話題で、申し訳ありません。

今年も「はままつ映画祭」がありますね。パーキンス様は、行かれますか?

今月は、「熱海怪獣映画祭」もあります。私はメインの25日に行きます。
5. Posted by 時かけファン   November 01, 2019 20:12
今後観る予定の映画です。

シネマイーラで

「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」

TOHOシネマズで

「屍人荘の殺人」
「尾崎豊を探して」
「マチネの終わりに」

「熱海怪獣映画祭」で

「キングコング対ゴジラ」
6. Posted by 時かけファン   November 01, 2019 21:00
「熱海怪獣映画祭」は、11月24日(日)の間違いです。失礼しました。
7. Posted by 時かけファン   November 02, 2019 20:32
『望星』を置いてある本屋さんは少ないので一番肝心なところだけ引用して紹介させていただきます。

「本というのはきっと、いまある幸せを倍加させるようなものではなく、それよりもひとりの読者の心を支えるものだろう」(97ページ)
8. Posted by パーキンス   November 08, 2019 05:27
ご訪問をありがとうございます。

はままつ映画祭はあるのですね。

確認します。

熱海でも海獣映画祭があるのですね。

いろいろですね。

では また。

コメントする

名前
 
  絵文字