November 08, 2019

img643














■The Buzz

ターミネーターシリーズは いくつかあるが 本作品は 下記2作品の続編。

・1984年「ターミネーター」ジェームズ・キャメロン監督             
             アーノルド・シュワルツェネッガー主演
             ★★★★★

・1991年「ターミネーター2」ジェームズ・キャメロン監督             
              アーノルド・シュワルツェネッガー主演
              ロバ―ト・パトリック(T1000)共演
             ★★★★

荒唐無稽で何でもあり、特殊効果満載のSFアクション作品と規定すると、

価値が下がるが、今風に将来起こるであろう、AIと人類の戦争と

規定すると、普遍的なテーマをもち、価値がグンと向上するシリーズ。

本作品はそのような視点で観たが、展開と人物関係とアクションに 思ったほど

「新味」は乏しい。

未来から送られてくるターミネーター(REV-9”=ガブリエル・ルナ)も、

「ターミネーター2」の(T1000=ロバ―ト・パトリック)の新鮮さ・不敵さには

及ばない。

美人の(マッケンジー・デイビス)演じる(スーパーソルジャー=強化型兵士)の

コンセプには新味ふぁあり、かつ 恐ろしい。

今後、現実になってくるのではないか?

いや、もう研究され、実用化の段階にきているのではないか?、と思う。

(アーノルド・シュワルツェネッガー=72歳)、どのような登場・役割をするのか?

と期待したが、まずまずの役割で存在感。

周りは いりいろと苦慮・検討したでしようね。

ジェームズ・キャメロン製作
ティム・ミラー監督「ターミネーター ニュー・フェイト」


(リンダ・ハミルトン=62歳)、頑張っています。

さて、続編はありや?

公開初日、上映2回目(字幕版)で鑑賞したが、40%くらいの入りか?

思ったほど 多くない。

*ターミネーター=人類の歴史を終わらせる者、重要人物の抹殺をする者。

*ニュー・フェイト=新たな運命(結末)という意味。
          気が付かなかったが、原題は ダーク・フェイトらしい。
          暗い運命(結末)という意味。

■解説
・SFアクション『ターミネーター2』の続編。未来のためにターミネーター
 に立ち向かう人々を待ち受ける運命を映し出す。
 ジェームズ・キャメロンが製作としてシリーズに復帰し、
 『デッドプール』などのティム・ミラーが監督を担当。
 『ターミネーター2』でT-800を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーと、
 サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが再共演を果たす。
 シネマトゥデイ (外部リンク)
■あらすじ
・ある日、未来から来たターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)が、
 メキシコシティの自動車工場で働いている21歳の女性ダニー(ナタリア・レイエス)と
 弟のミゲルに襲い掛かる。
 ダニーとミゲルは強化型兵士のグレース(マッケンジー・デイヴィス)に救われ、
  何とか工場から脱出した。そして彼らをしつこく追跡するREV-9の前に、
 サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が現れる。

(映画評価表)

・ストーリー  ★★★
・キャスト   ★★★★
・映像     ★★★★
・音楽
・美術
・衣装
・好/嫌度    ★★★
・その他

☆  時間があり、映画が好きな方は観てください。
      (目安=450円)
☆☆☆   観てください。料金価値はあります。
      (目安=1800円)
☆☆☆☆☆ 是非観てください。最高です。感動します。
      (目安=5000円)お読みいただいて、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下記をポチッとクリックしていただくと、今後の励みになり、感謝・感激です。
ブログランキング


パーキンスt104872 at 21:44│コメント(7)映画 |    −SF・ファンタジー

この記事へのコメント

1. Posted by 時かけファン   November 09, 2019 20:52
この映画は、観に行くつもりでいます。

第1作の緊張感、切迫感、絶望感を超えることは不可能だと思いますが、キャメロンが復帰とあれば、観ない訳にはいきません。
2. Posted by 時かけファン   November 09, 2019 20:54
第1作の、世界を揺るがす戦いが行われていることを、当事者たち以外は誰も知らない、という設定には、どうしようもなく惹かれてしまいます。

写真を見て一目惚れしてしまうという男性の純情にも・・・
3. Posted by パーキンス   November 10, 2019 07:17
ご訪問をありがとうございます。

あなたが ターミネーターを観に行くとは少しビックりです。
公開時は 機械×人類
今は   AI×人類
先見性の点で 少し価値が上がりましたね。
では また。
4. Posted by 時かけファン   November 10, 2019 19:57
パーキンスさん、確かにそう思われるかもしれません。

でも、「ターミネーター」の第1作は、ハードSFとして、無視できない作品でしたので。

2作目でスケールアップしましたが、1作目の抒情性は失われてしまいました。
5. Posted by パーキンス   November 11, 2019 03:47
ご訪問をありがとうございます。

当時は 「コナン・ザ・グレード」のほうが
印象が強く、どちらかといえば 好きでしたね。

ではまた。
6. Posted by 時かけファン   November 11, 2019 19:49
「ターミネーター」の第1作は、テレビで初めて観ました。映画館では、残念ながら観ていません。

私は陰惨な暴力シーンはダメですが、アクションなら大丈夫です。この映画も、「暴力」ではなくて、「アクション」だと思いました。
7. Posted by パーキンス   November 12, 2019 03:13
ご訪問をありがとうございます。

ターミネータでは 「血」はほとんど描かれて
いませんね。
製作者も考えているのでしよう。
ではまた。

コメントする

名前
 
  絵文字