December 02, 2019

img658














■The Buzz

確か、今年の4月に

 劇場版シティーハンター 新宿プライベートアイ ★★★
 (2019年4月6日付け 当ブログ参照)

を観た。

そのシリーズの実写でフランス版で、本作品のほうが 出来が良い。

明るくて、アクションもカッコいいし、テンポもよく、面白い。

何度 笑ったことか。

まず 主人公二人(フィリップ・ラショー、エロディ・フォンタン)が良い。

明るくて、強くて、適度に抜けていて、−−−。

コミカルなネタとして (香水)もGOOD。

全編93分。

短いのも良い。

フィリップ・ラショー監督
 「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(吹替版)


フランス語版を鑑賞したいね。

日本語吹替版より、甘さがでて、ベターではないか。

*シティーハンター=街の狩人

(ご参考ーHTさんの本作品評価 )
  こんにちは、映画は90分が良いですね。昨日観てきました。

  シティハンターについては、漫画連載中に雑誌で散見してた
  程度の知識ですが、とにかく原作への敬意と愛にみち溢れ
  多幸感を感じる作品でした。

  脚本監督主演のフィリップ・ラショーさんが原作の大ファンで
  原作漫画のお約束や小ネタ&下ネタを100個をリストアップし
  ストーリーに盛り込んだそうで、しかもそのセンスの
  「わかってんなー」感が物凄いです。元ネタが全部分かる人には
   最高でしょう。

   B級規模作品ですが、ギャグを交えたカーチェイスもアクションも
   きちんと作っていてテンポも良く、天丼ギャグには何度も笑いました。
   個人的には正直、春に上映されたアニメ版より面白かったです。

   主人公・冴羽?は現在ではセクハラと言われかねないキャラですが
   惚れ薬などのアイテムを上手く使って、女性へのセクハラ行為
   シーンは激減していて、色々考えられています。

   12月の鑑賞でしたので集計期間外ですが、11月だったら2019年
   年間ベストテンに入る好印象作品でした。

■解説
・北条司のコミックを『世界の果てまでヒャッハー!』などの
 フィリップ・ラショー監督がフランスで実写映画化。
 誰でもとりこにする香水をめぐる争奪戦を、アクションとユーモアを交えて映す。
 「シティーハンター」のファンだという監督が脚本・主演もこなし、
 ヒロインを『最高の花婿』などのエロディ・フォンタンが演じる。
 日本では山寺宏一、沢城みゆきらの吹替版で公開。
 シネマトゥデイ (外部リンク)
■あらすじ
・“シティーハンター”ことリョウ(フィリップ・ラショー)は、相棒の
 カオリ(エロディ・フォンタン)とボディーガードや探偵などの仕事をしていた。
 ある日、掲示板に“ XYZ”宛のメッセージが書き込まれ、依頼人の父が
 開発したどんな相手も魅了する“キューピッドの香水”を守るという仕事を
 依頼される。

(映画評価表)

・ストーリー ★★★★
・キャスト  ★★★★
・映像    ★★★★
・音楽
・美術
・衣装
・好/嫌度  ★★★★★
・その他

☆  時間があり、映画が好きな方は観てください。
      (目安=450円)
☆☆☆   観てください。料金価値はあります。
      (目安=1800円)
☆☆☆☆☆ 是非観てください。最高です。感動します。
      (目安=5000円)お読みいただいて、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下記をポチッとクリックしていただくと、今後の励みになり、感謝・感激です。
ブログランキング


パーキンスt104872 at 21:17│コメント(3)映画 |    −コメディー

この記事へのコメント

1. Posted by HT   December 03, 2019 12:45

こんにちは、映画は90分が良いですね。昨日観てきました。

シティハンターについては、漫画連載中に雑誌で散見してた
程度の知識ですが、とにかく原作への敬意と愛にみち溢れ
多幸感を感じる作品でした。


脚本監督主演のフィリップ・ラショーさんが原作の大ファンで
原作漫画のお約束や小ネタ&下ネタを100個をリストアップし
ストーリーに盛り込んだそうで、しかもそのセンスの
「わかってんなー」感が物凄いです。元ネタが全部分かる人には
最高でしょう。

B級規模作品ですが、ギャグを交えたカーチェイスもアクションも
きちんと作っていてテンポも良く、天丼ギャグには何度も笑いました。
個人的には正直、春に上映されたアニメ版より面白かったです。

主人公・冴羽?は現在ではセクハラと言われかねないキャラですが
惚れ薬などのアイテムを上手く使って、女性へのセクハラ行為
シーンは激減していて、色々考えられています。

12月の鑑賞でしたので集計期間外ですが、11月だったら2019年
年間ベストテンに入る好印象作品でした。
2. Posted by パーキンス   December 03, 2019 19:43
素晴らしい内容の評価ですね。
私が 書きたかった内容です。
上にあげさせてください。
では また。
3. Posted by HT   December 04, 2019 00:40
お褒めいただきありがとうございます。

冴羽「りょう」は機種依存文字らしく文字化けしてしまいました。

コメントする

名前
 
  絵文字