November 22, 2020

img002














■The Buzz

大ヒットが報道されている「鬼滅の刃」。

10月16日(金)公開、公開1か月が過ぎ、どのような状況か?館内視察を兼ねて、

再度鑑賞することに。

今回は、きさつたい=鬼殺隊 はしら=鬼殺隊のリーダー、と言うことは分かっているので、

ほぼストーリーは理解できた。

詳細な評価は

 2020年10月19日 当ブログ

を見ていただくとして、今回気が付いた点を下記に列挙しておこう。

 ・「映像+音楽」に力がある。
  ーまず、冒頭の(林?)(竹林?)の映像は味があり、本当に美しい。
  ー(煉獄杏寿郎)や(炭治郎)の顔のアップ映像は特に力がある。
    大きな目、顔の輪郭、炎のような髪、−−−。
  −主人公の衣装(黒と緑)は目に残こる。

 ・ストーリーの骨子は意外と古風。
  −兄弟、家族、仲間の絆を大切にしている。
  −(煉獄杏寿郎)の母親が(煉獄杏寿郎)を諭すことば。
    「お前は強い。才能ある者は その力を自分の欲のために使うのではなく、
     人のため、世のために使え、−−−」
    ラスト、母親は(煉獄杏寿郎)に語り掛ける。
    「お前はよく戦いました。立派でした。−−−」 

  −私の少年時代のヒーロー映画「赤胴鈴之助」を思い出した。

 ・少年少女対象の映画ではあまり見られない(禁じ手)を使っている。
  −飛び散る(血)が赤い。
  −首が飛び、ゴロンと転がる。
  かって、宮崎駿監督「もののけ姫」(1997年)でも武士の首は飛んだが。

 ・一番目の鬼、眠らせる鬼は 魅力あるキャラクターで印象に残る。
  声優はだれであろうか。

 ・ラスト カラスが(煉獄杏寿郎)の死を(はしら)に伝えるシーン。
  11人(男性8人 女性3人)に伝えている。
  続編があるのであろう。

本作品の(映像+音楽)の在り方を考えると、今後のアニメ映画の作りに大きな影響を

与えるのではないだろうか?
    
外崎春雄監督「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編(2回目鑑賞)」


公開1か月、金曜日に浜松市のシネコンで鑑賞した。

250席のコヤで観客は私を含め、7名ほど。もう観客は一巡したのであろうか。

なぜ、本作品はこんなにヒットしたのであろうか?

良く分からないが、大体以下のような点が要因ではなかろうか。

 ・漫画→テレビ→映画 というマーケッテングの王道を踏襲し、成功した。

 ・孫が漫画→テレビ→アマゾンで鑑賞し、それを祖父母が鑑賞し、祖父母が
  映画館へ足を運んでいる。

 ・コロナ禍のため、上映作品が少ない環境下、観客は面白い映画に飢えていた。

 ・シネコン(東宝)のマーケッティング力。
  公開日10月16日(金)から全席開放、「さあ、コロナを忘れて映画を観ましょう」
  という雰囲気を作った。
  10月16日に私も鑑賞したが、入り口で、観客に5つくらいのノベルティーを
  渡していた。こんなこと初めて。  

■解説
・吾峠呼世晴の人気コミックを原作にアニメ化した「竈門炭治郎 立志編」の
 最終話の続編となる劇場版。鬼に家族を殺された少年と仲間たちが、鬼との
 新たな戦いに立ち上がる。アニメーション制作をufotableが手掛け、
 ボイスキャストを竈門炭治郎役の花江夏樹をはじめ鬼頭明里、下野紘、
 平川大輔らが担当するなど、アニメ版のスタッフやキャストが集結した。
 シネマトゥデイ (外部リンク)
■あらすじ
・蝶屋敷での修業を終えた“鬼殺隊”の竈門炭治郎は、短期間で40人以上が
 行方不明になった“無限列車”を捜索する任務に就く。
 妹の竈門禰豆子を連れた炭治郎と我妻善逸、嘴平伊之助は、鬼殺隊最強の
 剣士“柱”のひとりである炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を進む無限列車の中で
 鬼を相手に戦い始める。

img032













(映画評価表)

・ストーリー ★★★
・キャスト  ★★★
・映像    ★★★★
・音楽    ★★★★
・美術    ★★★
・衣装    ★★★★
・好/嫌度   ★★★
・その他

☆  時間があり、映画が好きな方は観てください。
      (目安=450円)
☆☆☆   観てください。料金価値はあります。
      (目安=1800円)
☆☆☆☆☆ 是非観てください。最高です。感動します。
      (目安=5000円)お読みいただいて、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下記をポチッとクリックしていただくと、今後の励みになり、感謝・感激です。
ブログランキング


パーキンスt104872 at 03:48│コメント(7)映画 |    −SF・ファンタジー

この記事へのコメント

1. Posted by HT   November 22, 2020 17:31


ちょっと気になった点だけRESさせていただきます。

>・少年少女対象の映画ではあまり見られない(禁じ手)を使っている。

TVシリーズは深夜放送で、本作はPG12です。
少年少女対象には作られていません。


>続編があるのであろう。

原作コミックス全23巻に対し、TVアニメは1〜6巻まで。映画はその
続きの7〜8巻をアニメ化しています。
お話の途中から途中までを映画化というと帝国の逆襲を思い出すロートルです。


>なぜ、本作品はこんなにヒットしたのであろうか?

一番の理由は、原作・TVシリーズ含め「面白い」からだと思います。
2. Posted by 時かけファン   November 22, 2020 18:54
私が本作品を観ない理由は、「残虐シーンが多い」と聞いたからでもあります。

グロテスクな表現を観るのは、私には無理です。
3. Posted by 時かけファン   November 22, 2020 19:21
PG12というのは12歳未満が対象ですね。

12〜17・18歳くらいまでの人を、少年・少女と言ってもおかしくないんじゃないでしょうか?

この映画の公式ページには「年齢に関係なくどなたでもご覧いただけます。12歳未満の方は保護者の助言・指導が必要です。是非、多くの方にご覧いただければ幸いです」とあります。
4. Posted by HT   November 22, 2020 21:30

何歳までが観て良いではなくて、どの年齢層を対象に作られた作品か
が私の文意です。

パーキンスさんは小学生以下の年齢層を対象に作られた作品と
仰られてると感じたので、それは違うと思うとコメントしました。
それ以上の年齢なら禁じ手とは言えないと思いましたので。
5. Posted by パーキンス   November 23, 2020 05:24
ご訪問をありがとうございます。

いろいろとご意見をいただき、参考にさせて

いただきます。

では また。
6. Posted by 映画マン   January 20, 2021 21:40
こんにちは。
鬼滅の刃は少年ジャンプ作品には珍しく、グロイシーンが多いです。でも、それが作品のリアリティを高め、ヒットの一因となっているのでしょう。
まあ、きめつの大ヒットの最大要因は”アニメの映像の美しさ”だと思いますが。映画のアニメ映像も圧巻でしたね。冒頭から興奮度マックスでした。

応援完了です!
7. Posted by パーキンス   January 21, 2021 03:27
ご訪問をありがとうございます。

本作品の強みは 若い人のみではなく、巣ごもりしているシニアの方々にも 孫を介してファンが多いことです。まだ観ていないシニアの方々を映画館に来させれば、もっと動員は伸びるように思います。

では また。

コメントする

名前
 
  絵文字