お株の感想

この4月でお株の世界も二年目に突入・・。もっともっと勉強したく思い、引き続き今年度も一言ずつ市場の感想を書いていきます。 お子ちゃますぎて笑われそうですが、まだまだ初心者ですのでお許しいただき、よろしくお願いします。

『しばらく支えがない』とはどういうことか。

今日は名古屋出張でしたが、人身事故のため電車がストップ!

少し時間できたのでこんな時間にアップです。

ここ数日日本株の下落が止まりません。

株価上昇のきっかけとなりうるイベントであるFOMC、日銀決定会合とも終わり、両方とも日本株にとっては厳しい内容でした。

今まで下落しそうな場面でもこれらが下支えとなり底堅さを見せていただけにハシゴを外されたというか床を抜かれた感じで、急落下しています。

為替も日銀決定会合で円供給変わらずで、FOMCでは米国債需給変える内容では無く、ドル供給も変化はないことから米国債利回り低下し、円高も加速しています。

これを受けて、ヘッジ売りから本格的な逃げの売りへの転換と、それをめがけ空売りも増加するため、日本株はまだまだ下げる余地は多いにありそう。

空売りに関しては、本格的な売りへの指標にもなりうるので今後は要チェックです。

それでこの下落はどこまで…と思うのですが、しばらく支えになるイベントはなさそう…。

なのでさらに売りやすい地合いと言えますね。

強いてあげれば、ここから出てくる決算!

決算相場に望みは託す感じかな。

特に米国決算で米国マーケットが動き、為替、日本マーケットへも影響があればいいなぁと思います。

では、皆様にとって今日の後場及び明日の相場が良い相場になりますように☆

上げようが下げようが…。

金曜日の米国マーケットは雇用統計を受けて売られ、米国債利回りも急落しました。

おかげで為替がギュギュッと円高に…。

そのためCMEはメタメタ!

明日の寄りは低く始まりそうですね。

ただ今週はイベントづくし!

日銀決定会合にFOMC要旨、そしてSQ…いろんな角度から動きが入れそうなのは事実。

ただ上げようが下げようが、どんな内容が出ようが重要なのはなんだかんだで出来高。

特に明日は出来高が増えるかどうかが最重要。

ポイントをここ一点に絞ります!

では明日、今週は皆さんにとって良い相場になりますように☆

出来高からだけ見れば…。

今日の日本株も日経平均15000キープし、底堅さを感じました。

ただここ二日ばかり出来高は一気にしぼんでいます。

この動きが外国人投資家売り、個人投資家買い…だとするとちょっと嫌ですね。

しかし直近のイベントへの注目度の高さが理由という見方もできます。

今宵は米国の雇用統計があり、結果次第では米国の金融政策に動きが出る可能性があります。また来週は日銀の政策決定会合があり、直近の指標や消費税増税による影響から追加緩和の期待がされているなど注目度高いのも納得がいきます。

これが本当かどうかはイベント通過後の出来高の動きでわかると思います。

来週は出来高が戻るかどうか!これを最大ポイントとしていきます。

その前にまずは今宵の米国雇用統計!

この結果次第では、米国株が乱高下、為替が大きく動く可能性がありますのでまずは注目!

では皆さん良い花金を☆

こっからどうか!…かな^_^

今日も強かったですねぇ。

ただ出来高は久々に少なかったですね。

早くも為替と株価のバランスが合ったということでしょう。

なのでこっからの動きが本来の動きとなるので、先行きを予測した動きをしたいものですね。

決算相場に入って行くためやはり為替の動きには一喜一憂する可能性はあります。

ここを意識した売り買いが入るかもしれないですね。

またチャート上でみると日経平均では私的には15383円がひとつの目安かと思います。

ただトピに関しては売買活発で、売り圧力の多い価格帯なので、抜けられるかどうかがポイントでしょう。

そのためにはやはりこのところのブログで書いているとおり出来高!

外国人投資家の買いが大事!

この動きを注意していきたいと思います。

なのでまずは今宵も米国債利回りと恐怖指数を引き続きチェックです!

では明日も皆さんにとって良い相場になりますように☆

強っΣ(゚д゚lll)

強いですねぇ!

というか昨日までに書いたブログの通りで今までが反応が鈍かっただけかな^_^

為替はすでに円安トレンドに入っていたのに株価がついてきていなかった感じがしていました。

銀行や投資家の期初の動きが落ち着き為替に合わせてきた感じがあります。

米国債は緩和縮小の影響により今までのように市中にお金がたまり切らなくなっており、実需から上げてきており、反対に日本国債は緩和期待で買われ出しそうです。これは円安材料!

経済には確実に負の影響を与える消費税増税ですが、マーケットからすると追加緩和を促す要因と捉えられてプラス材料かもしれません。

この辺の流れは注視したいですね。ただ国債利回りはそこまで動いていないので、まだまだ追加緩和については織り込み切ってはおらず、実際に日銀が追加緩和に動けばまだまだ反応するでしょう。行方を見極めたいものです。

あと為替を気にする理由は決算発表。

想定為替レートや為替水準で損益目安がつくので、決算発表時期は為替に目が行きがちである。また消費税増税から決算発表の行方が気になる投資家は多いはず。注目が集まりそうですね。

とりあえず今宵も米国債利回りと恐怖指数をチェック!

では明日も皆さんにとって良い相場になりますように☆
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキング
人気ブログランキング
ブログランキング
人気ブログランキング
Twitterでブツフツしてる
◎twitter始めました◎

https://twitter.com/aoiwakusei1628
普段のザラ場はここでなるべくブツブツ言いたい♪
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ