2017年07月25日


・UPLのアーケードゲーム「ぺんぎんくんWARS」がスイッチでリメイクされるらしいが・・・



 



タイトルは「ぺんぎんくんギラギラWARS」
架空の球技「ギラボール」で、ペンギンくんたちが相手をノックアウトさせるまでボールをぶつけあうと言う、凄惨且つ、バイオレンスなゲーム。
まあタイトルが「WARS」なので仕方がない。
(ちなみに前作での競技名は「ドジボール」)

特筆すべきはBGM。
「もっと接近しましょ」(グラマラス・ライフ)をアレンジしたものになるらしい。
スタッフ分かってるな!(笑


オリジナルは「Beep」で「ここがキライだ!」とかを連載していた故・藤沢勉さんの作品ですね。
ゲームセンターに女の子をもっと呼び込みたくて作った作品らしい。
これを女子がプレイしたかどうかは微妙だが(笑








あとMSX2で出た続編の「ぺんぎんくんWARS2」を語る人は少ない…






2017年07月24日



「ギャラガ」アニメ化



198X_02_06_galaga01


え!?
マジで?
と言っても海外のスタジオらしいですけど。

いったいどんなストーリーになるのか。
そもそもストーリー自体あるのか。


ナムコの往年のビデヲゲームのアニメ化と言うと「パックマン」以来かな。








あ、そうそう「ドルアーガの塔」もあったね。





これ、けっこう面白かったんだよな。
OPから内容は想像もつかないが。



ところで「ギャラガ」のアニメでこちらを思い出す人はもう歳です(笑 


198X_02_06_galaga02





2017年07月23日



伝説のポケモン、ようやく出現。


198X_02_06_pokemongo04




てか遅ぇぇぇ!!!
1周年で出るのは予想できたものの、ユーザーだだ減りやん。
せめてクリスマスには出せよ!
いまどき「ポケモンgo」やってるのはジジィババァばっかやん!

いまや若人やキッズは「スプラトゥーン2」をやっているのだよ!! 


と言っても俺はスイッチもPS4もハンドスピナーも持ってないので(笑)、伝説のポケモン「ルギア」「フリーザー」を捕まえに行きましたがね。


結果は・・・
3戦してルギアを1体捕まえただけ。



198X_02_06_pokemongo03


さっそく会社の子に教えたら、すっぴん、サンダル、ジャージ姿で慌てて飛んできた(笑




こう書くと簡単そうに思えるが、実際は

「いつ、どこに出現するか分からない」
「出現しても人が10人以上集まらないとかなり勝つのが厳しい」
「勝てたとしても、捕獲がかなり難しい」


という縛り付き。

なんだこれ。
なんでこんな仕様にしたの!?
相変わらずの無能運営やなー。

今日は初日だからまあ何とか人は集まったが、今後はどんどん厳しくなっていくだろう。





てか、こんなに苦労して取るもんでもないような気がしてきた(笑



2017年07月17日


「メアリと魔女の花」



198X_02_06_jump_meari01


ジブリから独立した人たちが作った映画。

同じ監督の「マーニー」と「アリエッティ」も観に行ったので、これも行ってみたが、
うん、上記2つよりは娯楽作品の原点に立ち返ったかのようで楽しめたよ。
とは言っても色々とツッコミどころはありますがね。
魔法の花(夜間飛行)が超お手軽チートアイテムだとか、
せっかく奥義の書を手に入れたのに、全然活用してないところとか…。

しかしこの手の作品にあまり整合性や辻褄を求めてはいけない。
キャラがよく動いて、スカッと爽快にハッピーエンドならそれでいいじゃまいか(笑



198X_02_06_jump_meari02


それにしても…
俺は原作を読んだわけではないが、「魔法学校」みたいな設定、もう踏み荒らされまくりだよなぁ(笑




2017年07月16日


198X_02_06_jump_hukkoku01


コンビニとかにも置いてあるので見た(買った)人も多いかな。
「週刊少年ジャンプ」(当時は隔週刊)創刊号の復刻版です。 



198X_02_06_jump_hukkoku02


あと最大発行部数を記録した1995年3・4合併号も付いてます。




198X_02_06_jump_hukkoku03

198X_02_06_jump_hukkoku04


懸賞とか当時の広告も忠実に復刻(一部削除されたものもあり)。
うーん時代を感じる。
かき氷機の広告って凄ぇな。





198X_02_06_jump_hukkoku05


巻頭カラー「くじら大吾」
創刊号のトップを飾る主人公が巨漢の田舎中学生。
今では考えられん!(笑)
と言っても早々と連載終了したようですね。
著者の梅本さちお先生はその後ジャンプを去り、「アパッチ野球軍」でヒットを飛ばす…。




198X_02_06_jump_hukkoku07

198X_02_06_jump_hukkoku06


他にも「父の魂」「ハレンチ学園」など。
赤塚先生、永井先生、梅津かずお先生、今から見ればそうそうたるメンバーだが、当時は大物作家と契約できなくて、かなり苦しい状況だったのですよ。
創刊後しばらくはマガジンやサンデーの後塵を拝していたのです。




198X_02_06_jump_hukkoku10

198X_02_06_jump_hukkoku09


そして1995年3・4合併号。
この号が最高部数だったんだ。ふーん。
この後、「ドラゴンボール」「スラムダンク」の2代巨頭が抜けて、坂を転げ落ちるように没落していくわけだが・・・



198X_02_06_jump_hukkoku08


懸賞品も各社から発売された次世代ゲーム機群と豪華!
ってプレイディア、3DO、ネオジオCD、PC-FX・・・・
い、いらねぇ(笑
サターンとプレステ以外はもはや粗大ゴミ・・・・。



198X_02_06_jump_hukkoku11


当時の連載陣。

るろうに剣心」「ろくでなしブルーズ」「マキバオー」「ジョジョの奇妙な冒険」「地獄先生ぬ~べ~」「ラッキーマン」「忍空」「こち亀」「ダイの大冒険」「ターちゃん」・・・今でも語り継がれる作品ばかりですね。
個人的には「ボンボン坂高校演劇部」が良かった(笑






livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村