2016年07月22日


結果から言うと端末が対応してませんでした。


198X_02_05_pokemongo03




アンドロイドのバージョンがあまりにも古すぎて(更新も不可能)。

「ならば!」
と予備で持ってるsimフリーの格安スマホで試みたのだが、
インストールすら無理。
そもそもジャイロセンサーがないのでまともに遊べるかも疑問。

「スマホでゲームなんてやらんので低スペック端末で充分!」
と普段から豪語していたのですが、今回は完全にそれが仇になりました。


うぉぉぉぉ~
会社の休憩室でさっそく誰かがポケモンを捕まえてるよー。

このようなポケモンGO難民、けっこういるらしい。



198X_02_05_pokemongo04



で、今後どうするかだが

1・対応してそうな安いsimフリー機を買う。
2・中古白ロム屋でiフォーン5とか買う。
3・やらない



だが、う~ん・・・・。

やっぱやめようかな(笑



 

2016年07月18日


・「ミカド」や「ナツゲーミュージアム」に行った日、秋葉「HEY」にも寄る。


198X_02_05_hey01
 

どうでもいいが中国人多いな、アキバ。
何年か前に来たときはそんなことなかったが。

マジで10人中7~8人ぐらいがチャイニーズ。
免税店もやたら増えたような気がする。

ニポン嫌いなはずなのに、何で大挙して訪れるんですかね!?
(まあ経済が潤うのはいいことだが)






198X_02_05_hey02


話を戻して「HEY」。
タイトーの直営だが、何気にシューティングやレトロゲーが多い。
もちろん連ボタンも標準で付いているので、下手ゲーマーでも安心さ。


まず軽く「ファンタジーゾーン」をクリア。
「サイドアーム」(カプコン)と並び、唯一1コインクリアできるシューティング(笑

隣にあるのは「スペースハリアー」
イーグレット筐体に操縦桿が付いてるぞ。



198X_02_05_hey03
 

「シーファイターポセイドン」!
何気に面白いんだよね、これ。
敵のスクーターを奪うのが楽しかった。

両隣には「ハレーズコメット」「バブルボブル」。
奥には「ダライアス」も見える。
この辺タイトー店舗っぽいな。



198X_02_05_hey04
 
「ナイトストライカー」。
純正筐体で現在も稼働しているのは、日本ではこことトラタワだけという・・。
隣は「トップランディング」
さすがに密閉筐体は無理か。





198X_02_05_hey05
 

50インチ液晶モニターを2枚使った「ダライアス2」
これはカッコいい!
さっそくやってみたが、3面で死んじまったい。



他にも数えきれないぐらいのシューティング、レトロゲームがありました。

馬場の「ミカド」、秋葉の「HEY」。
東京へ来たら、この2店は必ず訪れるべきでしょう。

おわり。

 

2016年07月17日


「ウルトラマンオーブ」


198X_02_05_ultraman_ove04


新しいウルトラマンだが・・・こいつぁ凄げぇ!(笑


防衛軍の中にウルトラマンがいて、怪獣や宇宙人の侵略から地球を守りつつ、
ピンチになったら変身!

・・・みたいな従来からのテンプレはすべてなくなっている。
(ちょっと前からそんな感じだが)



198X_02_05_ultraman_ove02

198X_02_05_ultraman_ove06


って言うか防衛軍なんて殆ど出てこないし(慎吾ちゃん1人)、
代わりに活躍するのはユーチューバーのような一般人。

ウルトラマンはカードダスみたいなのを組み合わせて変身するし、
作風はどちらかと言うとライダーに近いね。

玩具会社のプロモーションのような作品や(笑



198X_02_05_ultraman_ove01

198X_02_05_ultraman_ove05


しかし街は容赦なく破壊される。
が、あまり気にしている様子はない。
リュウさん(ウルトラマンメビウス)が見たら卒倒しそうなシーンや(笑 




198X_02_05_ultraman_ove03


オフィスビルの内側から見たアングルすげー!
何気に備品が倒れたりしてるし。
こういう演出は地味に細かいですね。 








しまむらの「ガルパン」コラボTシャツ。


198X_02_05_g_and_p_ts01

 
こんな落書きみたいなのが1500円って高くない?(笑

本当はウサギさんかレオポンが欲しかったのですが、
田舎の店舗には入荷しませんでした(たぶん)。

 

2016年07月16日


「コロコロアニキ第6号」感想

198X_02_05_corocoroaniki10


「おぼっちゃまくん」フィーチャー号ですね。


198X_02_05_corocoroaniki11

 
22年経っても基本的に画風が変わってないのが凄い。
まあよしりんはその間も色々描き続けていたので、
画力自体はまったく衰えてないのですが。


198X_02_05_corocoroaniki14
 
 
過去の傑作選や、著名人が考えた茶魔語を収録した小冊子もあり。


198X_02_05_corocoroaniki12
 
198X_02_05_corocoroaniki13
 


コロコロ創刊伝説は「ファミコンロッキー」誕生秘話。

あの数々のインチキ裏技誕生の瞬間!(笑
バンゲリング帝王、探したなー。

ちなみに作者はその後ペンネームを変えてヱロ漫画を描いていたのだが、
その事実も包み隠さず話してしまうところもさすがコロコロアニキ!(笑







・世界中の人間が狂騒しているスマホアプリ「ポケモンGO」。


198X_02_05_pokemongo01
 

日本ではいまだ未配信と言うこともあって幻想がどんどん膨らんでるようですが、
まあ要するに「位置ゲー」やな。
割と昔からあるジャンルだが、日本ではあまりメジャーではない。
PSvitaのローンチタイトルにもあったはず。 


「ポケモンGO」についてはこちら。



何よりみんなが持ってるスマートフォンがプラットホームと言うのが大きい。
日本で配信されたら大ブームになるんですかね。
 
ただ位置情報ゲームはコイツの方が向いてるんじゃないの。




198X_02_05_pokemongo02
 
 
コンセプト的に(笑
 
まあワールドワイド的な視点で見れば、知名度は雲泥の差だが。


え?俺?
ポッキモンは初代の赤緑しか買ったことないので(ちなみに大ブームになる前に購入)、
あまり積極的にはやらんかもですが、一応DLします(笑







2016年07月10日


「クオリディア・コード」


198X_02_05_quorideacode01
 

何か有名なラノベ作家3人が集まって作ったらしい作品。

謎の敵。
学園、能力者。
世界崩壊後の世界。

よくもまあこんなテンプレ通りの典型的ラノベアニメを恥ずかしげもなく作ったな(笑



198X_02_05_quorideacode02


ただ、話数が進むと主人公(視点)が変わるらしいので、
その辺から見られるようになる(かもしれない)。







「アンジュ・ヴィエルジュ」


198X_02_05_anjyu01
 

これはカードゲームが原作なので、
まあ能力者バトル+美少女動物園になってしまうのも致し方がないなぁ~
と思いきや、番組中殆ど風呂に入っていた。

なんだこれ(笑


198X_02_05_anjyu02

「ブレンパワード」のOPを見たときのようなカルチャーショック(笑 

番組序盤で世界観やストーリーをナレーションでベラベラと説明したりするし…
一番やっちゃダメなことだろ、それ。







「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」


198X_02_05_tbf02
 

台湾の人形劇と我らが虚淵玄さんのコラボ企画。
人形劇なんか見たの「プリンプリン物語」以来です(笑

最もクォリティは雲泥の差だが
(カメラワーク動きまくり、CGとか使い過ぎなのは気になるところ)。


198X_02_05_tbf03

198X_02_05_tbf01
 

ストーリーはシンプルだが、たまにはいいですね、こういうの。
バトルでやられると爆発四散するのが台湾っぽいが(笑






「あまんちゅ!」


198X_02_05_amanchu02


いくらなんでもディフォルメ顔多すぎない?
女性原作者特融の表現やなー。 
必要のない場面でも頻繁にそうなったりして、ちょっと萎えてしまった。


198X_02_05_amanchu04


雰囲気はなかなか良さそうなだけに、残念(原作でもそうなの?)。
あと制服が変。







うーん、人形劇はとりあえず見るけど、後はパスかなー。
これだけ数が多いと、ジワジワ盛り上げていくタイプの作品は明らかに不利やな。
1話からガッ!とインパクトを出さないと、視聴者にサッサと見切られちゃう。

そういう意味では、前期の「カバネリ」「迷家」「ハイフリ」は良かったんだけど…


と言うわけで、視聴確定なのは
「リライト」「ベルセルク」「ラブライブ」「人形劇」「甘々」「NEW GAME!」
だけとなりました。
「リライフ」「orange」は審議。
 
あとはバイチャ!(笑





livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村