15日午後6時ごろ、新千歳空港から羽田空港に向かっていた全日空72便ボーイング777-300型機(乗客乗員300人)が、北海道苫小牧市沖の太平洋上空を飛行中、操縦席で電気関係の不具合を示すメッセージが表示された。全日空によると、同機は新千歳空港に引き返し、約40分後に着陸した。乗客らにけがはなかった。同社が原因を調べている。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕航空ファン必見「航空科学博物館」
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

<鳩山邦夫氏>自民党に離党届を提出(毎日新聞)
全日空、日航で欠航相次ぐ 強風や降雪で羽田発着便など70便(産経新聞)
<中村耕一容疑者>「1年ほど前から覚せい剤使用」と供述(毎日新聞)
<佐賀城>半世紀ぶりの堀干し ハス復活へ250人が参加(毎日新聞)
献金知らない、火の車…小林千代美議員ちぐはぐ説明(読売新聞)