松野頼久官房副長官は19日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先に関し、「工法について何か決定したという事実は一切ない」と述べた。政府が同県名護市辺野古沖合に杭(くい)打ち桟橋方式(QIP)で代替施設を建設する案を断念し、現行案の埋め立て方式に戻すことを米側に伝えたとの一部報道を否定した。

 また、近く来日するクリントン米国務長官と岡田克也外相との会談については「韓国の哨戒船沈没の案件やイランの核問題への対応という問題が中心だと聞いている」と述べ、普天間問題は中心議題にならないとの見通しを明らかにした。

【関連記事】
普天間移設 さまざまな案「断念」の過去
福島氏が閣僚懇で県外移設を要望 普天間問題
身に迫る「国民の軽蔑」 首相の言動「評価しない」が82・9%
小鳩コンビ「普天間&カネ」問題で“逃げの一手”決め込み
仕分けは経営介入か? 尾立氏「社内対立に入っちゃった」と困惑
中国が優等生路線に?

小沢氏が連合と地方行脚、進退論封じの思惑も(読売新聞)
H2Aロケット 「あかつき」の打ち上げ延期 悪天候で(毎日新聞)
<窃盗>家電製品盗み中国籍3人逮捕 被害総額1000万円(毎日新聞)
殺人 トランクにタクシー運転手の遺体 放火も? 平塚(毎日新聞)
首や顔に集中、数十カ所の傷 兵庫・明石の女性殺害(産経新聞)