鳩山首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」を巡る偽装献金事件で、29日に東京地裁で開かれた元公設第1秘書・勝場啓二被告(59)の初公判。

 検察側は、毎月1500万円を提供していた首相の母親による上申書も証拠として提出。「資金を提供していたことは由紀夫には話していない。親がおなかを痛めて産んだ我が子を助けるのは当たり前で、話せば恩着せがましくなると思った。本人は知らないはずです」などとする内容を読み上げた。

 また、勝場被告が捜査段階で、個人からの寄付だと装うために他人の名前を無断で使用し始めた頃の心境について、「過去に寄付した人の名前を使い、問題を指摘されたら『勘違いでした』と言って謝るつもりだった」「実際には指摘されず、感覚がまひして、手元の名刺や名簿にある名前を次々と使い、その人が存命中かどうかも確認しなくなってしまった」などと述べた供述調書も朗読した。

「黒澤明記念館」伊万里市が期限付き再締結へ(読売新聞)
「まだ温かかった」虐待2歳児、診察の医師(産経新聞)
水俣病訴訟で初の和解成立=公式確認から半世紀余り-一時金210万円・熊本地裁(時事通信)
“昼宴会” ちょっとお得・集まりやすい…人気(産経新聞)
鳥取の海岸水死、上田被告が当日に着替え購入か(読売新聞)