このサイトをブックマーク・RSSに登録:
2008年06月20日

テフロンのフライパン、実は危険!?

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

今日もあなたのためになる情報がお届けできますように!!
ランキングの応援クリックをお願いします(*^▽^*)...Ranking

2008.6.20
<アジサイ>
ぴたっとマッチ

(*゜▽゜)ノ院長です。

テフロン加工されたフライパンなどはこげつきがなく便利ですよね。
でもそんなテフロンなどに使われている化合物は、
人体や動物に影響を与えてるかもしれません。

その化合物とはペルフルオロオクタン酸(PFOA)、
ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)の二つです。
現在さまざまな調査がされているようですが、
がんの原因になっているかもしれないといわれています。

便利の裏にはやはりなにかしら
人体への影響があったりするものですよね。
どうしてもこげつかないとか
その部分だけしか見ないで作ってしまって、
人体に影響があるかないかまでは調べてないですね。

動物実験では、PFOAを多くあたえたほうでは、
すい臓、肝臓、こう丸、乳腺などに腫瘍ができやすく、
PFOSは肝臓と甲状腺のがんと関連があります。

この二つの化学物質は大気寿命が非常に長く、
分解されにくいという特徴をもっています。
製造元からや、食品のパッケージから
出てるといわれていますが、
フライパンとかでも安心できないものですよね。

他にもこの化合物は、
電子レンジ用ポップコーンやピザの箱にも使われています。
身近かつ毎日使うフライパンなんかが
そんな状態だとこわいものですよね。
うちでは鉄のものを利用するようにしてます。
使うものが変わるだけで、味もよくなり、
体調も変わってきますよ^^

2008.阿蘇11

(o^-^o)副院長です。
1884年の今日、初めて女性の医師開業試験の
受験が認可されたそうです。

現在では男性、女性を問わず
たくさんの医師の方が活躍されていますね。

ときどき医師の数が少ないために過酷な労働時間で
働いておられることを耳にします。
お医者さんも体をいたわって欲しいと思いつつ、
命を預かる仕事のためそうはいかない現実があります。

お医者さんの数が増えることも願いつつ
患者さんの数が減るように我々も微力ながら
健康に対する情報を発信していきたいものです^^

今日もおもしろかった!という方は
ランキングの応援クリックをお願いします(*・人・*)...Ranking

ブックマーク・RSSに登録:
コメントを書くコメントを見る(14)
トラックバックURLトラックバック記事(0)
テフロンのフライパン、実は危険!?
カテゴリ: | 院長と副院長^^の記事
笑顔整体 at 2008年06月20日05:00|Edit
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
1番目にohkosai 王虎斎さんコメント感謝   2008年06月20日 06:58
あれってやばいんですね。最近、マーブル何とか?ってやつが出ていますね。あれはどうなんでしょう?欲しいんですが(笑)
2番目に独立起業家:こばやしさんコメント感謝   2008年06月20日 10:38
こんにちは。
調理器具も、気にしないとだめなのでしょうね。
機能や値段に目が行きがちですけど。
3番目にミセスケイト かさっちさんコメント感謝   2008年06月20日 10:44
やはりそうでしたか!
以前から気にはなっていたんですよ。
利便性だけにとらわれてはいけないですよね。

医療現場も大変ですよね。
しかし・・医学部のレベルが高いのは
分かるけど、学費高すぎですよね。

そこら辺、を変えたらいいんじゃ・・
と思うのですが?

4番目に船橋のドラえもんさんコメント感謝   2008年06月20日 13:34
こんにちは
船橋のドラえもんです


環境ホルモンなど
まだまだ
分かっていないものが
多いですからね


昔ながらのものは
知恵なのか
問題ないことが
多いですね


心を込めて
応援Ω
5番目にまめころりんさんコメント感謝   2008年06月20日 16:35
こんにちは
プラスティックのコップもテフロン加工も
使ってます^^;
どうしましょ〜 鉄のフライパンも持って
いるんですけれど 重たいのと手入れが大変
なのとでしまいこんでます・・あと絶対に
こべりつくし こべりつかない鉄のがあったら
いいんですけどね〜 
6番目にmikoさんコメント感謝   2008年06月20日 17:06
院長先生&副院長先生
テフロン加工のフライパン、便利なので
かなり使っていますが、どうしましょう!!

やはり便利なものや手軽な調理器具は
それだけリスクがあるんですね。
こわ〜いです。

冒頭の紫陽花は、墨田の花火という紫陽花
ですか?
どこかで聞いたことがありますが
花火が咲いているみたいですね。

応援ポチ。
7番目にほやほや(嶋田稔明)さんコメント感謝   2008年06月20日 17:46
5 こんにちは。
化学物質って、気になりますよね。
テフロンもですか・・・なにか
健康にいいフライパンってないものですかね?

医師はやはり特に救急医療とか小児科などやはり大変なんだとおもいます。
8番目にロバビジさんコメント感謝   2008年06月20日 20:35
お久し振りです
相変わらず頑張っていますね。
九州地方は雨の被害が大きいと聞き心配になり久し振りに寄せてもらいました。
私も知らない昔のことですがお湯を沸かすときは鉄瓶卵焼きなどに使うフライパンはアカ、すなわち銅でしたね。

最近、テレビなどもおばあちゃんの智恵などといったクイズ番組がありますが先人の智恵を大切にしたいですね。

9番目にhantaさんコメント感謝   2008年06月20日 21:16
やっぱりテフロンって良くないのですね。
いづれ剥げるでしょ、それは人体に入って
居るのですものね。鉄のフライパンは重いし。
どうしよう?

副院長さん、しかし患者数の一番多い都市は
病院が一番多いと聞きますが、病人でない人
も病院へ行きたがるって事ありません?
本当に必要な所に必要な人材が行っていない
のではないでしょうか?
ペットの世界でも飼い主が病猫や病犬を
作っているような気がします。
10番目に雪虫の伝説さんコメント感謝   2008年06月20日 22:27
友人で医者をやめてしまった者が何人もいます。
良心的な医者は生き辛い世の中なんでしょうか。
11番目にごりの日記-in熊本 ごりさんコメント感謝   2008年06月20日 23:02
院長先生、副院長先生、こんばんは!ごりですm(__)m
うわぁ〜っ、綺麗な紫陽花ですねぇ〜。
紫陽花って本当に種類がおおいですよね。
雨に映える白ですね!

テフロン加工は安全だとばかり思っていました。
うぅ〜ん、いろんな処に怖い物が潜んでいるんですね。

医療の現場、もう少し働きやすい環境になるべきですよね。
そしてたくさんの苦しんでいらっしゃる方が一日も早くいい医療を受けられるような体制になればって思います。
応援ぽちっ凸&拍手パチッ(^o^)丿
12番目に『お店づくり&色々日記』のAママさんコメント感謝   2008年06月21日 00:12
鉄のフライパンは最近奥の方へ・・・
テフロン加工のフライパンばかりです!
考えさせられる記事です・・・
応援ぽち♪
13番目にasterさんコメント感謝   2008年06月21日 00:15
こんばんは〜☆
昔ながらの物が良いことは分かっていますが
全てを使うのは、難しいです。
14番目にこあらさんコメント感謝   2008年06月21日 01:44
副委員長さんのブログは、いつも考えさせられることばかり・・・

テフロン・・・ウチも使ってます(*_*;
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
blogランキング
1日1回1クリックで
応援(^人^)感謝♪
人気blogランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
FC2ブログランキング
福岡よかともランキング
本棚
本棚
月別の記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
QRコード
QRコード


Copyright © 2005 福岡笑顔整体 All rights Reserved.