このサイトをブックマーク・RSSに登録:

心の健康

 
2012年08月20日

幼児期の虐待が脳に与える影響は?

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

今日もあなたのためになる情報がお届けできますように!!
ランキングの応援クリックをお願いします(*^▽^*)...Ranking

2012.8.20

幼児期の虐待が脳に与える影響は?

前回に引き続き幼児期にあった虐待が
その後体や心にどんな影響を与えるかを取り上げています。
米テキサス大学のホアン氏の研究です。

保安しはMRIをつかって
幼児期に虐待を経験した青年の脳を調べました。
脳の白質の神経線維が束になっている特定の部位で
緻密な構造の乱れがあったそうです。

調査では10歳前後に肉体的や性的に虐待されたか、
6ヶ月以上家庭の中の暴力を目撃した経験を持つ
19人の青年たちとそのような経験がない
13人の青年たちの協力を得ました。

虐待の被害を受けたグループの19人の中の
5人がうつ病を発症したのに対して
被害のないグループで発症したのは1人でした。

薬物依存症については。
被害を受けたグループは4人、そうでないグループは1人でした。
うつと依存症の両方もという人は被害を受けたグループから2人出ました。

幼い頃に虐待の被害にあった青年と
後年うつ病を発症した青年の両方の脳を調べたところ
白質の効率性を示すFA値が著しく低かったそうです。

脳も心も見た目にはみえませんが
こうして「痕」として残っているのですね。
幼い子は心も体も未熟なだけにこうした痕が残るようなことが
ないようにしなくてはいけません。

今日もおもしろかったという方は
ランキングの応援クリックをお願いします(*・人・*)....
人気ブログランキングへ

ブックマーク・RSSに登録: 
タグ:           
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
 
2012年08月19日

幼い頃の虐待がうつ病のきっかけになるかも!?

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

今日もあなたのためになる情報がお届けできますように!!
ランキングの応援クリックをお願いします(*^▽^*)...Ranking

2012.8.19

幼い頃の虐待がうつ病のきっかけになるかも!?

今日はニュース記事のご紹介です。
よく耳にするようになった「幼児虐待」
体はもちろん心にも深い傷が残ります。

子どもの頃に虐待をうけたり
虐待をされる場面を目撃すると脳の構造が変化して
その後の人生でうつ病や薬物の乱用をする恐れがでてくるという
論文が英国の神経精神薬理学という雑誌に掲載されました。

この研究を発表したのは
米テキサス大学のサウスウエスタン医療センター
先進画像化研究センターのハオ・ホアン氏達です。

もし上記のような経験があった人には
体と心、感情の発達、脳の成熟が求められる
青年期の段階での早期発見や
予防的カウンセリングを受けることに期待がかかります。

虐待のニュースは後をたちません。
虐待という言葉を使わなくてもこの時期は。
気温の高い車内への長時間の置き去りなども耳にします。
虐待という言葉のなかには暴力以外にも
いやがらせ、無視という内容も含まれます。

この論文を発表したホアン氏は
青年たちの協力を得て脳のCTを使い研究を進めました。
幼いころの心の傷が成長した時にどのように体に現れるか、
次回ご紹介したいと思います。

今日もおもしろかったという方は
ランキングの応援クリックをお願いします(*・人・*)....
人気ブログランキングへ

ブックマーク・RSSに登録: 
タグ:           
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
 
2012年07月19日

心ときめくリハビリ

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

今日もあなたのためになる情報がお届けできますように!!
ランキングの応援クリックをお願いします(*^▽^*)...Ranking

2012.7.19

健康に関する情報や体にまつわる興味深い話を取り上げています。
今日は少し違う感じの話題です。

心ときめくリハビリ

前回介護施設の入居者にお化粧をほどこすことで
認知症やリハビリのモチベーションや
治療につながることをお話しました。

当院のお客さまにも
リハビリに励んでおられる方がいます。
一度失った機能を再構築するというのは
とても大変だというのを毎週思い知らされています。

「リハビリしましょう!」と
周りがどんなに熱心にさそっても
本人がその気にならないと何の意味もありません。
でも「お化粧しましょう!」だったら
ちょっと気持ちが違うだろうなと
この特集記事をよんで思いました。

いくら「年だから…」といっても
女性が今より美しくなれるということに
興味がないわけありません。
男性だって周りの人から「素敵ですね」と
いわれるのは悪い気はしませんよね。

ただの運動機能を取り戻すためのリハビリなら
やり始めるのにおっくうでしょうが
それを感じさせない他の目的があるなら、
さらにそれが心踊るようなことなら成果があがります。

今回の大手化粧品メーカーの取り組みは
心も体も脳も若返る素敵なリハビリだと思いました。
「○○をしたい!」というモチベーションは
辛い訓練に励む大きな一歩になります。

寝たきりの長寿が減るように
何かにときめく心を持ち続けたいですね(*´∇`*)

今日もおもしろかったという方は
ランキングの応援クリックをお願いします(*・人・*)....
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

ブックマーク・RSSに登録: 
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
blogランキング
1日1回1クリックで
応援(^人^)感謝♪
人気blogランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
FC2ブログランキング
福岡よかともランキング
本棚
本棚
月別の記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
QRコード
QRコード


Copyright © 2005 福岡笑顔整体 All rights Reserved.