このサイトをブックマーク・RSSに登録:

静電気

 
2006年01月20日

静電気を放電する方法

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

ライブドアの問題なんだかすごいことになってますねぇ。
堀江社長も弱気なこといってたみたいな報道までされてたり、
なんだか一方的過ぎる感じもしますよね^^;
どこの会社もあれだけ大掛かりにやられたら、
少しぐらいアラが出てきそうですよね。。。

さて、今回も静電気に関して続けます。
今回は・・・

静電気を放電する方法についてです^^

静電気の放電する方法で、
思いつくものってありますか?

有名なところでは、
壁や水道管、地面なんかに手をつけるなど、
身近にあるものに触れる方法です。
あとは革製品や木なんかに触れることでも、
身体にたまった静電気を放電することができます。

でも、なかなかそういうものに
触れるってことができないものですし、
触れることがクセづくといいんでしょうけど、
難しいところですね^^;

人間は服を着てるからには、摩擦は歩くだけでおきて、
静電気を作り出してしまいます。
だからこの方法というのは一時的な場合ですね。

ほかに放電する方法ってどういう方法があるでしょう?

そういう時に役に立つのが導電性繊維です。
導電性繊維ご存知ですか?

ようは電気が流れやすい物質を混ぜて
つくられた特殊な糸でできた繊維です。
導電性繊維は、一般の裁縫店などで簡単に手に入ります。

きるものに少しその繊維を縫い付けることで、
電気の逃げ道ができ、静電気を防ぐことができます。
作業服なんかは特にこの繊維が使用されてることが多いですね。
ガソリンスタンドの作業服なんかは特にですね^^

最近では、裏地にはじめから導電性繊維の
生地が使われてるものもあります。
静電気を多く感じる方は特に導電性繊維が
はじめっからはいってるものを選ぶとか、
生地を買ってきて、裏に少し縫い付けるとかの
工夫でずいぶん変わってきます^^
ぜひお試しください。

ブックマーク・RSSに登録: 
タグ:           
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
 
2006年01月19日

静電気を感じるときの対策?

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

昨日はお休みで、久しぶりに献血に行ってきました^^
今回は血小板献血。
血小板は一番保存時間が短いためか、
献血後にもらえる粗品が血漿献血のときにもらえるものよりも
多い中から選べました!!
洗濯の洗剤が普通に買うぐらいの大きさのもので、
しかも部屋干しの洗剤があったのでゲットしました♪

さて、今回も前回に続いて・・・

前回に引き続き静電気対策についてです^^

静電気は一番感じるときって、
やはり服を脱ぐときではないでしょうか?

服の素材選びでもずいぶん違ってきます。
天然繊維のものは電気を逃がしやすい特徴を持っています。
絹は電気がたまりやすいので注意が必要です。

+ウール
  ナイロン
  レーヨン
  綿
  絹
  麻
  アセテート
  ビニロン
  ポリエステル
  アクリル
−塩化ビニール

上記の服の素材の表は、
+と−に離れている素材の組み合わせだと、
静電気が起こりやすいです。
ウールセーターとポリエステルのシャツとかは
NGということですね^^;
差がない組み合わせをうまく利用してみてくださいね。

他の対策として、
基本的なことですが、金属部分に直接触らないことですね。
革手袋をしたり、ドアノブにカバーつけたりですね。

静電気豆知識として、指先は静電気を感じやすいです。
これはみんなわかると思います。
指先で触ったときにパチッってなることが多いと思います。
手のひらでべたって触ったほうが、避けることができますね。
靴底がゴムの場合も逃げ場がないので、
体に静電気をためやすいですね。

電化製品は特に静電気がほこりをひきつけて、
この時期汚れやすいですよね。
そういう時はお酢を少し混ぜた水で拭いておくといいです。

静電気は日常のいろんなところで影響しています。
ちょっと気をつけるだけで防げる面も多いので、
対策うまく活用してみてくださいね^^

ブックマーク・RSSに登録: 
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
 
2006年01月18日

静電気対策

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

ななみちゃんご存知ですか?
各ブログで多く取り上げられていますので、
ご存知の方も多いかもしれません。
ななみちゃんは2月末まで生きてる可能性が
1%以下と宣言されてるようです。

小さな命かもしれませんが、
その小さな命だからこそ軽視してはいけません。
皆さんの力で小さな命を救いましょう。
詳しくは>ななみちゃんを救う会

さて今回もつづけて。。。

静電気対策についてです^^

対策の前に静電気とは改めてどういうものでしょう?

静電気は物と物が摩擦することで起きる電気ですね。
湿気がある場所では空気中にある水分を伝って流れていきます。
しかし、冬の乾燥した中ではどうでしょう?
もちろんその空気中に水分が少ないので、
電気の逃げ場がなくなってしまいます。
逃げ場がないということはその場でたまっていく。
そうすると逃げ場ができたときにパチッて放電してしまうんですね^^;

この特徴がわかってると対策もとりやすいです。
そこでどんな対策が必要でしょう?

静電気の特徴から見ても、
部屋の湿度を上げることは必須ですね^^
今は便利になって、加湿器なんかありますが、
なくても湿度を上げることはできます。

部屋に洗濯物やぬれたタオルを干すだけでも湿度は上がります。
私の場合は霧のスプレーに水を入れて空気中にふります。
アロマオイルとか持ってる人は、
その霧吹きの水に1滴入れるとアロマ効果も合わさっていいですね。
あとは観葉植物をおいたりするのもいいです。

静電気でいい例が、ガソリンスタンドですね。
ガソリンスタンドは乾燥をできるだけ避けないといけません。
それはなぜか?

乾燥が静電気を招き、火事の原因になってしまうからですね。
火事を防ぐために水をまくんです。
ガソリンはちょっとした静電気でも火がついてしまうので、
ガソリンスタンドにとっては必須事項なんですね。

次回もさらに静電気対策見ていきますね^^

ブックマーク・RSSに登録: 
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
blogランキング
1日1回1クリックで
応援(^人^)感謝♪
人気blogランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
FC2ブログランキング
福岡よかともランキング
本棚
本棚
月別の記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
QRコード
QRコード


Copyright © 2005 福岡笑顔整体 All rights Reserved.