このサイトをブックマーク・RSSに登録:

新たな命のために

 
2012年07月22日

犬と暮らす家庭の子は病気に強い

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

今日もあなたのためになる情報がお届けできますように!!
ランキングの応援クリックをお願いします(*^▽^*)...Ranking

海君

健康に関する情報や体にまつわる興味深い話を取り上げています。

犬と暮らす家庭の子は病気に強い

冒頭の写真は旅するシーズー犬「海くん」
7月20日に9歳を迎えました。(*´∇`*)オメデトウ

「子どもが生まれたら犬を飼え」という言葉もありますが
それは子どもの良き友として以外にも
こんなことが研究で明らかになりました。

犬を飼っている家庭で育つ赤ちゃんは
感染症や呼吸器疾患などにかかるリスクが
減少するとの 調査結果が明らかになりました。

この研究は米小児科専門誌
「ピディアトリクス」に掲載されています。
フィンランドのクオピオ大学病院の研究チームは
2002年9月〜2005年5月にこの病院で生まれた赤ちゃん
397人を対象に調査しました。

生後9週間になったところで
親に週次の健康記録を1年間つけてもらい
病気への 感染などを調べます。
その結果、犬を飼っている家庭の赤ちゃんは
耳の感染症にかかる確率が44%低かったことにくわえ
抗生物質を 必要とする場合も29%少なかったそうです。

最も病気にかからなかったのは
犬とふれあう時間が6時間以内の
場合だったそうです。

では猫を飼っている場合はどうなのでしょう。
同様に感染などの減少がみられましたが
犬の方が効果が大きいそうです。

研究チームを率いたEija Bergroth氏は
犬が家に持ち込む土や細菌が
子どもの免疫シス テムの発達を促進させる可能性があると
語っています。

動物に小さな頃からふれることで
免疫が強くなるのですね。
飼うことはできなくてもさわれる動物園などで
たまに触れ合うのもいいかもしれません。
猫を飼ってみたい方は下の方をご覧ください↓↓

今日もおもしろかったという方は
ランキングの応援クリックをお願いします(*・人・*)....
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

ブックマーク・RSSに登録: 
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
 
2011年11月14日

妊娠中のアルコールの影響

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

今日もあなたのためになる情報がお届けできますように!!
ランキングの応援クリックをお願いします(*^▽^*)...Ranking

2011.11.13
<太宰府天満宮 第58回菊花展>

女性とアルコールについて取り上げています。
アルコール依存症についてお話したいと思います。

女性ならではのアルコールの問題といえば
妊娠中の飲酒による体への影響です。
妊娠中のアルコールは胎児に
どのような影響をあたえるのでしょうか

妊娠中にお酒を飲むと血液を通じて
胎盤を簡単に通過し胎児にアルコールが届きます。
お酒の成分であるエタノールや代謝産物の
アルデヒド毒性(二日酔いの原因です)が
胎児に直接影響するのです。
お母さん以上に赤ちゃんに影響が大きなことは
いうまでもありません。

妊娠中にアルコールを飲むことで
胎児アルコール症候群=Fetal Alcohol Syndrome(FAS)
という障害を持った赤ちゃんが生まれるおそれがあります。
FASの特徴は
○子宮内での成長や発達の遅れ
○脳などの中枢神経の障害
○特徴的な顔貌(上の唇が薄い)、
 頭が小さいなどの頭蓋骨の奇形 というもの。

中枢神経の障害というのは
次のようなことが言われています。
刺激に対して過剰反応する、落ち着かない、
適応障害、学習障害などです。
生まれたときには分からなくても
脳の障害は成長してから現れることもあります。

どれくらいの飲酒をすればこのようなことが起こるのか
それは個人の体質によるものなので
一概にはいえません。
上のような障害がでるのは多量の飲酒をした場合と
言われていますが妊娠がわかってからは
お酒を口にしないようにしたいものです。

妊娠中の飲酒がよくないことは広く知られていると思いますが
大事なのは妊娠していないときから
「飲まなくてはいられない」という習慣をつけないことです。
女性の皆さん改めてお酒はほどほどにして
上手に楽しみましょうね^^

2011.11.14
<太宰府天満宮 第58回 菊花展>

ゴミをあさられたり、農作物を食べてしまったりと
何かとカラスに手をやいている方に面白いニュースです。

長野県のフランス料理のシェフが
カラスの料理を考案しました。
フランスの料理の古い本に
「カラスは高級食材のシギなどと共に
大変美味だ」という記述をみつけたのがきっかけです。

シェフによるとカラスは砂肝のような食感で
野性味があるとのこと。
今後食材として広まることはあるのでしょうか。

今日もおもしろかったという方は
ランキングの応援クリックをお願いします(*・人・*)....人気ブログランキングへ

ブックマーク・RSSに登録: 
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
 
2011年11月11日

毎日の飲み過ぎが女性の体を蝕む

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

今日もあなたのためになる情報がお届けできますように!!
ランキングの応援クリックをお願いします(*^▽^*)...Ranking

2011.11.11-2
<太宰府天満宮 第58回菊花展>

女性とアルコールについて取り上げています。
女性がお酒に弱いのはその体の性質に関連があることを
ご紹介して行きました。
今回も女性ホルモン エストロゲンについてお話ししますね。

エストロゲンは女性らしい体をつくったり
生殖機能の他にもコレステロールの増加を抑えたり
血管の健康維持の役割をしたり、カルシウムの生成など
骨にも関連しているホルモンです。
女性の健康に大きな役割があるんですね。

アルコールが影響をおよぼすのは
肝臓だけではありません。
卵巣の働きを抑える作用があります
これによって生理不順や無月経が
起こることがあります。

また、乳がんや不妊、自然流産などのリスクを
高めるという指摘もされています。
どれくらいの量でこのようなリスクが高まるのでしょう。

乳がんはアルコール一日
2ドリンク以上の摂取で危険が高まり、
生理周期の乱れや自然流産は一日2ドリンク、
不妊は一日6ドリンクとなっています。

このドリンクという量の定義は
1ドリンク=10gのアルコールの量を示します。
ビールの中ビンだと0.5本分、日本酒0.5合にあたります。

でも数字だけで判断しないでください。
体調や体型、体質でアルコールの吸収は変わります。
健康で楽しい一生を送るためにも
お酒をお休みする日をつくりましょう^^

2011.11.11
<太宰府天満宮 第58回 菊花展>

20011年11月11日ということで1がたくさん並んでいますね^^
お菓子のポッキー&プリッツの日というのはよく
テレビでみかけますね。
他にも同じような細長いものの日になっています。

麺の日 ピーナツの日 もやしの日 箸の日
きりたんぽの日 煙突の日 長野県きのこの日

配線器具の日…コンセントの差し込み口の形が
           1111に似ていることから。

下駄の日…下駄のあしあとが
        11 11 に見えることから

こうしてみてみると日本人の想像力って
本当に豊かだと感じます^^

今日もおもしろかったという方は
ランキングの応援クリックをお願いします(*・人・*)....人気ブログランキングへ

ブックマーク・RSSに登録: 
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
blogランキング
1日1回1クリックで
応援(^人^)感謝♪
人気blogランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
FC2ブログランキング
福岡よかともランキング
本棚
本棚
月別の記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
QRコード
QRコード


Copyright © 2005 福岡笑顔整体 All rights Reserved.