このサイトをブックマーク・RSSに登録:

 
2012年07月10日

熱中症予防と対策は?

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

今日もあなたのためになる情報がお届けできますように!!
ランキングの応援クリックをお願いします(*^▽^*)...Ranking

2012.7.10-2

節電の時期に要注意したい「熱中症」について
詳しくみていきましょう!

熱中症予防と対策は?

梅雨の間から7月下旬に意外と多い熱中症。
死亡者数がもっとも多くなっているのは
7月下旬の15〜16時なのだそうです。
日常で予防できることから始めましょう。

・水分と塩分の補給

水分はこまめにとりましょう。
0.2%ほどの濃さの食塩水やスポーツドリンクなどのほうが
体への吸収はよいのですが清涼飲料水の
とりすぎにならないように上手に分けて飲みたいですね。

塩分に関しては食事にスープや味噌汁を登場させて
塩分の補給をしましょう。
汁物は一緒に水分も補給できます!

涼しい服装をこころがける

夜更かしや睡眠不足に気をつける

帽子やサングラスなど日差し対策

暑い場所での作業は適度に休憩を取りながら

できれば1人切りではなく複数人での作業がいいですね^^

・汗をかく習慣をつくる

しっかり汗をかける体をつくることで暑さになれるのも
熱中症にならないポイントです(*´∇`*)

2012.7.10

今日もおもしろかったという方は
ランキングの応援クリックをお願いします(*・人・*)....
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

ブックマーク・RSSに登録: 
タグ:           
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
 
2012年07月09日

熱中症になりやすい時期

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

今日もあなたのためになる情報がお届けできますように!!
ランキングの応援クリックをお願いします(*^▽^*)...Ranking

2012.7.9-2

節電の時期に要注意したい「熱中症」について
詳しくみていきましょう!

熱中症になりやすい時期

『梅雨明け直後、
梅雨の晴れ間で急に気温が上がった時』

真夏よりもこの時期のほうが熱中症が多いようです。
熱中症が発生するのは5月ごろから。
7月下旬〜8月上旬に多くなる傾向があるそうです。

人は気温が高い日が数日つづけば
体が慣れてくる傾向にあるのですが
梅雨で湿気が多く気温の上下が激しいこの時期は
体もついていなかいため熱中症になりやすいのです。

この時期注意したいのは…

・暑くなり始め
・急に気温が上がる日
・熱帯夜の翌日

天気予報でも熱中症に関することは
発表されていますのでしっかりチェックしたいですね。

2012.7.9

このブログでは現在「博多祇園山笠」の飾り山の写真を掲載しています。
新天町に飾ってある飾り山、今年は放送43年を迎えた
「サザエさん」が見送りに登場しています。

表の勇壮な感じとは打って変わって
なんだかほのぼのとした飾り山です(´∀`*)

今日もおもしろかったという方は
ランキングの応援クリックをお願いします(*・人・*)....
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

ブックマーク・RSSに登録: 
タグ:           
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
 
2012年07月08日

こんな人も熱中症に注意!

この記事にコメントを書く |ブックマーク・RSSに登録:

皆さんいつもコメント、ランキングクリックありがとうございます^^

今日もあなたのためになる情報がお届けできますように!!
ランキングの応援クリックをお願いします(*^▽^*)...Ranking

2012.7.8-2

節電の時期に要注意したい「熱中症」について
詳しくみていきましょう!
前回お話した「熱中症になりやすい人」その理由をご紹介します。

どうして熱中症になりやすいの?
〜こんな人のこんな事に注意編〜

・肥満の人

肥満の人がなぜ熱中症になりやすいのでしょう。
それは軽い運動でもエネルギーをたくさん使い
熱を多く生みます。

また脂肪は熱が放出するのをさまたげて
体の中に閉じ込めてしまうのです。
このため体温があがりやすく
熱中症を起こしやすくなります。

・現在医者にかかっている人

前回お話した「体調に不安がある人」とは少し違います。
高血圧、心臓病、慢性肺疾患、肝臓病、糖尿病などの
内分泌にかかわる病気をしている人
寝たきりという人は熱中症を起こしやすくなります。

汗をとめる作用がある薬や利尿作用がある薬、
興奮性のある薬、抗精神薬などを飲んでいる人は
薬の作用によって熱中症が起こりやすくなります。

気になる人はかかりつけの薬局に相談してみましょう。

2012.7.8

今日もおもしろかったという方は
ランキングの応援クリックをお願いします(*・人・*)....
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

ブックマーク・RSSに登録: 
タグ:           
ここまで読んでいただきありがとうございます。ページの上へ▲
 
blogランキング
1日1回1クリックで
応援(^人^)感謝♪
人気blogランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
FC2ブログランキング
福岡よかともランキング
本棚
本棚
月別の記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
QRコード
QRコード


Copyright © 2005 福岡笑顔整体 All rights Reserved.