文化財防火デーの26日、世界文化遺産の清水寺(京都市東山区)で、境内に整備されたばかりの国内最大規模の防火水槽も活用し、消防訓練が実施された。

 清水寺警備団や東山消防署などから約100人が参加。国宝の本堂南側から出火したとの想定で行われた。出火を知らせるベルが鳴ると、堂内の宝物が手際よく運び出された。本堂屋根に設置された放水装置も作動。1500立方メートルの防火水槽からくみ上げられた水も、一部の訓練で使用された。

 水のカーテンに覆われた本堂に、見学に訪れていた市立清水小学校の児童らは、観光客らとともに歓声を上げていた。

【関連記事】
エア参拝にモバイルお経…仏教界にもネットの波
今年の漢字発表、清水寺・森清範貫主「新たな心で生まれ変わって」
世界遺産守れ!清水寺に国内最大規模の防火水槽
清水の舞台から飛び降り 一命取り留め「まさに奇跡的」
清水寺創建にゆかりの坂上田村麻呂 99年ぶり坐像公開を前に御開帳法要

立川市 ごみ再資源化へ新装置導入(産経新聞)
<新型インフル>健康成人へのワクチン接種、今月から開始(毎日新聞)
小沢氏の国会招致に消極的=鳩山首相(時事通信)
路上に出られなくて試験官殴る 容疑の男逮捕(産経新聞)
閣僚や民主のヤジは「最後っ屁」「破れ蓄音機」 自民・大島氏が批判(産経新聞)