モンゴルの資源開発への投資名目で、無登録で出資を募ったとして、警視庁生活経済課は19日、金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で、東京都江戸川区の投資顧問業「東京プリンシパル・セキュリティーズ・ホールディング」の関係先二十数カ所を家宅捜索した。
 同課によると、2008年12月から09年9月の間、高齢者を中心に、約100人から5億円以上を集めた疑いがある。 

【関連ニュース】
投資会社社長に有罪=ペイントハウス事件
投資会社社長に懲役5年=未公開株投資名目で詐欺
国内商品連動型投信を上場=初値下回り取引終了
ニイウスコー元会長ら逮捕=架空売り上げで虚偽報告
ニイウスコー元会長を逮捕へ=売上高計上で虚偽記載容疑

<血栓薬「t-PA」>組織再生効果を確認 東大チーム(毎日新聞)
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望(医療介護CBニュース)
郵便不正公判「供述調書は検事の作文」と証人(読売新聞)
シー・シェパード、十分に事情聞く…官房長官(読売新聞)
コマツ、坂根会長が代表権を返上(レスポンス)