「国産牛」と表示して外国産牛の内臓を販売するJAS法違反があったとして、兵庫県は20日、神戸市兵庫区の精肉店「牛家(ぎゅうや)」に対し、同法に基づく改善指導を行った。同店の店頭表示は「すべて国産」だったが、実際には“すべて外国産”だった。

 今年3月上旬、近畿農政局に「店頭表示がおかしい」との情報が寄せられ、同局の調査を県が引き継いで調べた結果、少なくとも今年2月17日から3月16日までの間、本店を含む2店舗で販売した牛の内臓977キロすべてが外国産だったことが判明。店頭表示は「国産100%」で、同店は県に対し「表示を間違えた」などと釈明したという。販売価格は他店の外国産よりも安かった。

【関連記事】
果物産地偽装で三セク会社に改善指示 熊本県
「魚秀」が所得隠し ウナギ産地偽装の工作費
「魚秀」が所得隠し1.2億円 ウナギ産地偽装の工作費
タケノコ産地偽装、徳島の業者に有罪判決
アサリ産地偽装業者に有罪判決、罰金300万円 熊本
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

脳損傷リハ「患者中心のゴール設定を」(医療介護CBニュース)
NHKに「工藤会」名乗る抗議電話 警視庁が捜査(産経新聞)
後半国会は大荒れか 小沢氏2法案の行方は?(産経新聞)
真犯人逃し、足利事件遺族に栃木県警幹部ら謝罪(読売新聞)
徳之島案、県連に説明=官房長官(時事通信)