鳩山首相は18日午前、宮崎県内で口蹄疫(こうていえき)の被害が拡大していることに関し、政府や宮崎県の対応に一定の問題があったとの認識を示した。

 首相公邸前で記者団が「政府、県の対応に問題はなかったか」と質問したのに対し、「一定の部分はあると思う」と答えた。

 首相は、「感染経路その他を十分に把握することは難しい病気だが、一番大事なことは、政府として万全を期し、これ以上感染を決して広げないことだ」と述べ、感染の拡大防止に全力を注ぐ考えを強調した。

 畜産農家に対する経済的支援について、「農家の方々に、経営のことはしっかり政府がやるという思いを理解をしてもらう」と述べた。

内閣支持続落、19%=時事世論調査(時事通信)
米実弾訓練を沖縄県外移転…政府が負担軽減策(読売新聞)
小沢氏「疑惑がないこと明確にして頂いた」(産経新聞)
プレコリオ系ダンスって何? 導入するスポーツクラブが続出(産経新聞)
たちあがれ、片山虎之助氏を擁立(産経新聞)