自民党の大島理森幹事長は5日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、小沢氏自身は不起訴となったことに関し、「参考人招致を求めているから、そこにおいでになり、どうしてもうそ、偽りのにおいがするならば、証人喚問の場に出ていただくこともあり得る」と述べ、証人喚問も視野に小沢氏の国会招致を引き続き求めていく考えを示した。党本部で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<国民生活センター>がん入院保険金不払いで約款改善求める(毎日新聞)
雪あかりの路 小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)
<公設派遣村>退所後に住まい確保、502人(毎日新聞)
中島前副知事ら逮捕へ=町村会に便宜、収賄容疑-福岡県警(時事通信)
公選法違反の武山百合子元衆院議員に有罪判決 さいたま地裁(産経新聞)