宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、県は18日、新たに同県川南町と新富町、高鍋町の計15農家の牛や豚に感染した疑いがあると発表した。

 新富町での確認は初めて。これで発生(疑い例を含む)は同県内の1市4町に拡大。殺処分される家畜は10万頭を突破し、計11万4177頭に達した。

 発表によると、感染の疑いが判明したのは、川南町の13農場に加え、新富、高鍋両町の各1農場。15、16日に、飼育する一部の牛や豚に症状が出たという。

法定外福利厚生費は742億円=98独法が9年間で―総務省調べ(時事通信)
藤谷治さんのチェロ盗む=小説「船に乗れ! 」作者―励まされ涙の女逮捕・警視庁(時事通信)
基本政策閣僚委、当面見送りを=官房長官に申し入れ―社・国(時事通信)
【寒蛙(かんがえる)と六鼠(むちゅう)】論説委員・長辻象平(産経新聞)
宮崎県内10カ所で新たに口蹄疫の疑い 種雄牛の飼育施設でも(産経新聞)