February 2009

February 28, 2009

朝7時イベント終了。

494a7b3b.jpg西村映造残酷ナイトが先ほど終了しました。最後の「東京残酷警察」の上映終了がなんと朝7時!濃すぎる内容オンパレードの充実したイベントでした。
ミリー2の告知は「東京残酷警察」と「片腕マシンガール」の人気におもっきし便乗した感じで……なんとも恐縮です。あたたかく迎えてくれた西村監督、井口監督、そして観客の皆様、まことにありがとうございました!


今ゆうばりで西村映造ナイト!

6485ef67.jpgミリーBBの宣伝させていただきました!


February 26, 2009

hard-revenge.com

ミリーBBのホームページアドレスは……

hard-revenge.com

……です。今日中にオープンされるらしい。


February 24, 2009

今度はヌンチャク

書き忘れてました。
今度の水野さんはヌンチャクで大暴れ。

万歳!

ミリー2特報チラシB

ミリー2の「特報チラシ」と「公式ホームページ」!

いよいよ明後日から ゆうばり国際ファンタスティック映画祭が開催!
私も7年前に河田秀二さんと共同監督した
『抱腹絶闘/FLYING GIRLS』の上映(28日14時30分〜)で参加します。

さらにその前日に行われる深夜のイベント『西村映造・東京残酷ナイト』にも
飛び入り参加させていただきます。

で、その両日に『ハード・リベンジ、ミリー/ブラッディバトル』の
特報ムービーを上映させていただきます!

どうかどうか御期待ください!!



そして!

今回のミリーは気合い入ってます。

まだ編集中の作品にも関わらず、
なんと特報チラシが刷り上がりましたっ!↓↓


ミリー2特報チラシA












このチラシ、海外仕様のデザインで日本語が全く入ってません。
なので国際映画祭とか海外マーケット以外では
宣材物として何の役にも立たないという(笑)、なんとも贅沢なチラシです。
こんなとこで予算使って大丈夫なのか!? とちょっと心配。

……と思ったいたら、それほど枚数は刷ってないようです。まぁそりゃそうだ。


そんなわけで かなり貴重なこの限定チラシを
『西村映造ナイト』と『抱腹絶闘』の上映の際に配布いたします!

会場で僕を見かけたら「チラシちょーだい」と声かけてください。
ほんと、枚数がありません。もう早い者勝ちです。
人見知りな方にはハードル高いかも知れませんが……
いやいや、大丈夫。僕も人見知りするタイプなので(自慢)!


・・・とここまで書いて力尽きそうですが、
まだミリー2情報があります。

実は2月26日には公式ホームページが立ち上がります!

早い。展開が早すぎる……だからまだ作品出来てないんだってば〜!

ホームページのアドレスはもちろん知ってますが、
まだ教えません。むっふっふ。

気になる方は26日に『ブラッディバトル』で
ひたすらググッてください。ヤフってください。

ブラッディバトルはまだまだ編集中

ミリー2編集中10先日、アクション監督である園村さんの
最終編集チェックが無事終了。
チェックというか、ただ鑑賞会してただけのような
気がするが…まぁいいか。

んでそろそろ締め切り第4弾が近い。

カラコレ(色調整)もまだザックリとしかしていないし
CGも手をつけていないところがたくさんあるのだが、
音関係の準備もしていかなきゃいけないので
いまは全体の尺を固める作業に没頭する。

そろそろ役者さんたちにもアフレコ用の台本と映像が届けられるはず。
そう、来週はアフレコなのだっ。

アフレコといえばその昔、スーパー助監督のKねこさんが吉祥寺のさくら水産で
「監督にとってアフレコとは、もう一度作品を演出できる貴重なチャンスなのだよ」と言っていた。
いや、シャアみたいに「なのだよッ」とそれほどキリっとは言ってなかったとは思うが……
「先輩いいこと言うなぁ」と若かりし日(2年前)の自分はその時に思ったので、
Kねこさんがなんとなくシャアっぽく見えたのかもしれない。
あ、でもKねこさんはいつもダンガリーシャツとGパン姿なので赤い彗星というより蒼い彗星である。
いや蒼い彗星だとかっこ良すぎるので、青い水性ぐらいがちょうどいい。
魚肉ソーセージをアテにホッピーの中を3回連続でオーダーする青い水性のシャアだ。


別に今日はこんなことが書きたくて書いたんじゃないんだが……


February 22, 2009

『ハード・リベンジ、ミリー/ブラッディバトル』

『ハード・リベンジ、ミリー』の続編の正式タイトルが決まりました。


『ハード・リベンジ、ミリー/ブラッディバトル』です。


「2」とか「続」とかは付きません。「ブラッディバトル」と副題が付くのです。

なんとも長いタイトルになってしまいました。
あまりに長いので『ミリーBB』とか縮めていただいて構いません。

縮めるとなんだかチョコラBBみたいだ。身体に良い映画みたいだ。

…とかくだらんこと書いてますが、
とにかく『ハード・リベンジ、ミリー/ブラッディバトル』に決定なのです。
タイトル通り攻撃的な内容の映画になっております。
どうかどうかご期待下さいーっ!

February 18, 2009

ミリー2の特報を上映!

ミリー2編集中9ミリー2の編集の真っただ中ではありますが、
はやくも宣伝についての話が進行中。
ちゃんと発表(完成披露試写会とか、そういうの)をする
予定ではありつつも、早めに情報を出せるところは
出してしまおう、みんなに知ってもらおう、ということで
急遽、特報のトレーラーを作成中。

で、その特報はどこで観られるかというと、
来週開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で上映しますー!!
特報なのでそりゃもう短いムービーになりますが、
映像の濃さ的にはお腹いっぱいな感じになること必至(予定)なので、
どうかご期待ください。

ゆうばりはさすがに観に行けねぇぞ〜! という声が聞こえてきそうですが…(汗)。
ミリー2は特報なんかも含めて早めに露出していくみたいなので、
どっかのイベントとかでゲリラ的に上映されるかもしれません。

イベントといえばプロペラ犬さん、
どうか早くイベントしてください。また便乗させてください。



February 12, 2009

次は薬莢

ミリー2編集中8昨日、ミリーの編集チェック第2弾をなんとかクリア。
音楽打ち合わせも無事終了。

来週には編集チェック第3弾があるが
今日のところはCG合成で薬莢飛ばしの作業。
銃を撃ったら薬莢を飛ばしたくなるのがマニアってもんだ。

撃った分だけ薬莢を描くか、観客が認識しそうな画角の分だけ描くかで性格が表れる。
自分は撃った分を全部描いてしまう方である(涙)。
でも今回は時間がない(号泣)。

February 08, 2009

まだ終わらない

ミリー2編集中7銃の火花(マズルフラッシュ)のCG作業が
延々と続いている。ひー。

編集は続く

ミリー2編集中6昨日で園村さんとの編集はいったん終了。
今日からまたひとりでの編集作業がはじまる。
でもここんとこ編集しすぎでちょっとお疲れぎみ…
こんなときはCG作業に逃げる。
銃の発砲を派手にするための火花を付けていく。
地味な作業だけど効果は絶大で、
アクションシーンがグンと派手になっていく。



February 06, 2009

まだ編集中

44aa96a2.jpgそろそろメシに行くか、園ちゃん…


今日も編集

9a36fcfd.jpg今日も園村さんとミリーの編集。


February 05, 2009

まだ編集中

64e2c59e.jpgそろそろ帰るか、園ちゃん…


ミリー編集中

f82015c1.jpg園村さんと編集中。
やはり今日1日では
チェックしきれませんでしたねー。
でも楽しそうですな。


February 04, 2009

ミリー編集中

新ミリー編集中1ゆうばり映画祭の話で
もっと盛り上がりたいところですが、
年明けからずっとミリーの続編を編集中。
締め切り第1弾に間に合わせるため
先日までヒーヒー言ってましたが、
とりあえず全部つながりました。

ようやく作品の全貌が見え、どえらい大失態もなくまずは一安心。
引き続き締め切り第2弾に向けてポチポチやっとります。
そりゃもうひたすらポチポチです。

明日はアクション監督の園村さんとともに
バトルシーンをあーだこーだ言いながらイジリ倒します。
どっちも妥協しないからなかなか終わらないんだろうなぁ(笑)

ゆうばりにて「抱腹絶闘/FLYING GIRLS」初公開!

抱腹絶闘「抱腹絶闘/FLYING GIRLS」が
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて
いよいよ初公開となります。
この作品は2002年に河田秀二氏と共同監督したもの。

河田監督独特のコメディ世界と、
私のド派手なアクションが融合した名作…
いや(あえて言おう)、迷作です!

ん、迷作?、珍作? いやどっちでもいい。
7年もの間、発表されてないという事実が全てを物語ってます。

間違いなく傑作ではない。ただ少なくとも駄作ではない!

……と作った本人たち(辻本&河田)は思ってます。

思い続けて7年ーっ、というわけです。

今回、幸運にも発表する場が与えられました。
やはり駄作ではない!(と思っている!)

映画祭の解説では「荒削り」という表現がなされてました。
便利な言葉です、荒削り。そうです荒いんですっ!!

「抱腹絶闘/FLYING GIRLS」という作品は
ほんと、自分たちのやりたいことしかやってません。
その潔さ、いや傲慢さが作品に満ち溢れ、もはや飽和してるているので
なんともすがすがしいのです。
あ、すがすがしいなんてキレイに言い過ぎました。なんともバカです。
いわゆるバカ映画の範疇、ド真ん中な作品です。
銃撃戦の合間にケツを掻いたりするバカ映画。

今回、7年間の沈黙の原因となった「ドラマシーン」を20分も削除。
総尺43分に残ったのは『腰砕けな連発ギャグ』と、
ガイキチな編集術でもはや誰も目に追えない『超速アクションシーン』のみ!
主人公の気持ちもドラマツルギーもへったくれもありません。
観て、笑って、ツッコんで、上映終了2秒後には全てを忘れる……そんな映画です。

今後、パッケージ化の予定も全くない「抱腹絶闘/FLYING GIRLS」。
この機会に是非ご覧下さいっ!


なんか苦しい宣伝ですが、ゆうばりでお待ちしています……。

t3aa at 23:52|Permalink抱腹絶闘/FLYING GIRLS