リアルタイムではなんでも鑑定団を見ていたので、HDに録画してたのを見た。
 鍬形薫斎と言う画家の名前を覚えようと思った。

 さて、同じ美術の世界(?)でもハチクロだ。

 今回は竹本が自分探しの旅を始めるまで。

 我々の疑問の一つだった。
 タイトルの片方、クローバーがとうとう登場した。
 就職活動に失敗した竹本に差し入れをしたハグちゃん。
 カップ麺の蓋に描いてくれたのね。

 で、今回は森田が良い台詞を言った。
「手さえ動かしていれば、意味なんか後からちゃんと付いてくるんだよ」
 躊躇するではなく、とにかくキーボードの上に手を置いて、動かしてみる。
 なんだか教えられたような気がした。

 予告を見たら、竹本が出会う宮大工の1人の役が濱田岳君だったので。
 楽しみにしている。