東京都議会「平成維新の会」の土屋敬之都議は26日、地方自治体の首長や首長経験者らで結成した「日本創新党」(党首・山田宏杉並区長)の都議会会派を設立した。1人会派で、同党会派は都道府県議会では初。

 土屋都議は会見で「党首たちの国家観に共鳴した。民主党には方向性がなく国を危うくしている。(新党は)政策を皆でつくる政党で共感を持った」と述べた。

 土屋都議は平成21年12月、民主党の衆院選マニフェストを「耐震偽装マンションのパンフレット」などと批判。都連から除名処分を受け、1人会派「平成維新の会」を立ち上げた。

【関連記事】
恒久化へ地域新党「減税日本」 河村市長、橋下知事と連絡取る
舛添氏、参院選目標10議席 第三極で政策一本化し選挙協力も
わが国の外国人政策は過誤、錯誤、不作為のオンパレードだ
創新党・中田代表幹事、相次ぐ新党は“自己中”で理念なし
「愚かな首相」は共感を得られるか
「裸の王様」次に座るのは…

東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作-奈良(時事通信)
パフォーマンス禁止!アキバホコ天再開で協定(読売新聞)
龍馬が乗った「いろは丸」オランダ購入説覆る(読売新聞)
「負担受け入れられない」=県民大会代表ら70人要請へ-沖縄(時事通信)
<藤岡市長選>新井氏が3選 群馬(毎日新聞)