オワンクラゲから緑色蛍光たんぱく質を発見したノーベル賞受賞者の下村脩さん(81)が2日、山形県鶴岡市の加茂水族館を訪れた。クラゲの繁殖に取り組む研究所を見て回り、「ここまでやってくれてすばらしい」と目を細めた。
 同館は世界で最も多い34種類のクラゲを展示。下村さんがクラゲの光らせ方を伝授したことがきっかけで訪問が実現した。
 住民約300人が出迎え、下村さんは「一日館長」に任命された。館内の展示を見て回った後、研究所を見学し、クラゲの繁殖方法などを村上龍男館長(70)に質問していた。
 下村さんのノーベル賞受賞後にクラゲ人気が高まり、同館の入館者数は昨年、過去最高の22万人を記録した。下村さんは見学後、「館長の情熱はすごい。少しでもお役に立てたならうれしい」と語った。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕日本人に6年ぶりノーベル賞
〔写真特集〕日本人ノーベル賞受賞
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
〔写真特集〕巨大海洋生物 ダイオウイカとその仲間
妹島、西沢両氏にプリツカー賞=建築界の権威、日本人4度目

車炎上、子供4人死亡=実家前に停車中-北海道(時事通信)
<クラゲ展示>ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる(毎日新聞)
北海道の市立病院 首都圏の医師を北の大地へ勧誘(産経新聞)
<上方漫才>「中川家」が大賞受賞 奨励賞は「笑い飯」に(毎日新聞)
政党交付金、民主に172億円=10年配分額を決定-総務省(時事通信)