違法に捕獲したメジロやウグイスを飼育したとして、大阪府警住之江署は10日、鳥獣保護法違反容疑で、大阪市住之江区の無職の男(66)の自宅を捜索し、メジロやウグイスなどの野鳥計43羽を押収した。男は「違法とはわかっていたが、鳴き声が好きだった」と供述。住之江署は今後、男を書類送検する方針。

 住之江署の調べでは、男は無許可で捕獲したメジロなどを自宅で飼育していた疑い。大阪府ではメジロの飼育は1世帯につき1羽に限定されており、ウグイスは飼育が禁止されている。

 同署によると男は平成14年ごろから近くの公園などで、とりもちやわなを使って捕獲を始めたという。1羽ずつかごに入れて玄関先で飼育していたが、同署員が鳴き声に気付いて発覚した。

 男は「妻を亡くしてさみしかった」とも供述しているという。押収された鳥たちは一時ボランティアの鳥愛好家に預けられ、捜査終了後に放鳥されるという。

【関連記事】
野鳥捕獲、神奈川でも…「青い鳥」捕えようとした男3人書類送検
“仲間”の鳴き声で寄せ、鳥もちで野鳥を捕獲 ペットショップ経営者を逮捕
鳴き声でバレちゃった 無許可でメジロ飼育20年超
自宅は「野鳥屋敷」…小鳥店経営の男を逮捕
「癒やし求めて」野鳥捕獲の疑い 男を書類送検 

線路に男性、朝ラッシュ2.3万人影響 大阪市営地下鉄千日前線(産経新聞)
嘉手納基地の空軍1等軍曹、酒気帯びで逮捕(読売新聞)
6月までに2つのWG設置―チーム医療推進会議が初会合(医療介護CBニュース)
「新しい公共」推進へ宣言=円卓会議(時事通信)
覆面パトカーが事故=小学男児、腕を骨折-兵庫県警(時事通信)