鳩山由紀夫首相は8日午後、首相公邸で平野博文官房長官、松野頼久、滝野欣弥両官房副長官と米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり対応を協議した。7日の鹿児島県・徳之島の3町長との会談で、基地機能の移転を拒否されたのを受け、地元での反対の動きや理解を得るための方策などについて話し合ったとみられる。協議後、滝野氏は記者団に「いろんな情勢分析をした」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

5月末決着、先送り要求=普天間「方向性提示でいい」-社民の福島党首(時事通信)
民主・社民統一候補が出馬断念=参院沖縄(時事通信)
パロマ事故で元社長ら有罪判決(産経新聞)
350万円の詐欺容疑などで弘道会系組幹部ら逮捕(産経新聞)
高血圧症治療薬市場、18年に1兆円超え(医療介護CBニュース)