神奈川県の元職員が架空発注で業者に公金をプールさせ、私的流用したとされる問題で、神奈川県警捜査2課は8日、県から約4000万円をだまし取ったとして、県税務課の元主幹、吉田伸一(58)と元副主幹、木村仁(50)の2容疑者=いずれも懲戒免職=を詐欺容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、2人は04年3月~05年3月ごろ、事務用品販売業者の2社から納品がないにもかかわらず、ファイルなどを購入したとする支出命令票を県出納課に提出、2社の口座に計約4000万円を振り込ませてだまし取ったとしている。

 2人は詐取した金を業者口座にプールし、一部を図書券などの形で受け取って金券ショップで換金し、私的に流用していたという。「パチンコなどの遊ぶ金に使った」と容疑を認めているという。

 神奈川県は2人と共に税務課元副主幹(43)も詐欺容疑で告訴していた。県調査で2人はそれぞれ2700万円前後を流用していたが、元副主幹は1100万円と少ないこともあり、県警は現時点での逮捕を見送り、捜査を継続しているとしている。

 神奈川県では、昨年12月に発覚した不正経理の総額が約27億4000万円に上り、今年3月、松沢成文知事ら特別職も含めた1721人が処分され、副知事2人は同月末に引責辞任した。【松倉佑輔、吉住遊】

【関連ニュース】
内職商法詐欺:5容疑者を再逮捕…千葉県警など
詐欺容疑:桑名市の元課長、別件で再逮捕へ
振り込め詐欺:70代女性3500万円の被害 福岡
詐欺容疑:警官装い免許証詐取 45歳男逮捕 警視庁
闇サイト:監視強化へ「ネットハンター」新設…警視庁

<橋田賞>連続ドラマ「JIN-仁-」など受賞(毎日新聞)
【from Editor】小さなエコを考える(産経新聞)
<首相・閣僚会見>(4止)難しい、参加の可否判断(毎日新聞)
日本の親、成績に無関心=米中韓の高校生比較-財団調査(時事通信)
行列「9時間待ち」!あのドーナツが名古屋進出(産経新聞)