鳩山由紀夫首相は20日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の「5月決着」ができないときの自身の進退について「5月末までに決着させると申し上げているわけだから、その決意を持ってやるのみだ」と述べ、改めて解決への決意を表明した。

 また、移設先の政府案の発表時期については「まだ全く決めていない」と述べるにとどめた。首相公邸前で記者団に語った。

【関連記事】
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も
小沢幹事長「中でごたごたは駄目」 党内の結束呼び掛け
民主の外交安全保障政策「評価できる点はあまりない」 愛媛「正論」懇話会
徳之島の町長「首相に会う必要ない」「怒らせた」「あきれる」
徳之島の移設反対集会「一つの民意だ」 鳩山首相
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

火山噴火 政治、スポーツ、芸能活動にも影響(産経新聞)
電車内で女子学生の体触る 税務署員を現行犯逮捕(産経新聞)
2人死傷単独事故で少年逮捕=危険運転致死傷容疑-兵庫県警(時事通信)
復縁狙い友人と強盗劇…女性襲わせ助けに登場(読売新聞)
アイスランド火山噴火、経済的損失「数百億円以上」(産経新聞)