中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、製造元工場の元臨時従業員が中国で身柄を拘束されたことについて、警察庁の安藤隆春長官は1日の記者会見で、「中国公安当局の長期間にわたる粘り強い捜査が実を結んだもので、敬意を表する。全容解明に向けた取り組みがさらに進むことを期待している」と述べた。また、国内で発生した事件の解明に向けて情報の擦り合わせなどを行うため、早期に同庁幹部を中国に派遣する考えを示した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕中国製冷凍ギョーザ中毒事件
対日関係にらみ執行通告か=ギョーザ事件検挙直後
日本人の死刑執行を通告=麻薬密輸罪、来月5日にも
計3回、殺虫剤を混入=「給与格差で報復」と呂容疑者
「殺虫剤、池に捨てた」=拘束の元従業員供述

店の棚から消えた「排卵日検査薬」 メーカーに問い合わせ殺到(J-CASTニュース)
「音環境で健康に」 大橋道場に120人(産経新聞)
東大 2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
国松警察庁長官銃撃事件の時効成立(読売新聞)
<掘り出しニュース>「どうぶつしょうぎ」女流棋士が指導(毎日新聞)