小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は20日、小沢氏を21日に再び不起訴処分とすることを決めた。上級庁との協議の結果、共謀を立証できる新証拠はないと最終判断した。
 不起訴処分を受け、小沢氏を「起訴相当」と議決した東京第5検察審査会が再審査する。改めて起訴すべきだと議決されれば、小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制起訴される。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

【裁判員考】制度施行1年(下)最終評議~判決 重い経験、共有が大切(産経新聞)
口蹄疫補償は時価評価、農相が具体案を発表(読売新聞)
哨戒艦事件、連携確認=日韓外相会談(時事通信)
病気から命救ってくれた日本にありがとう=感謝込め日中友好サイトを開設―中国
かみ付いた飼い犬、逆転無罪 「幼児の証言に疑問」(産経新聞)