1970年01月01日

最近、私はローソク足と出来高を重視して大きく稼ぎます

数ある手法の中の一つですが、知っての通り仕手株などを扱う時はやはり心理ゲームの要素がかなり強くなってきます。



あくまでも、これは新鮮な情報源を豊富にそろえられる事を条件とした私の戦略ですので、生半可にローソク足と出来高だけ眺めていてもチャンスを見極める事ができないので勘違いしないでください。




ただ、自分が納得できないオカルト的な情報や掲示板などのウワサは一切無視です。理論的に自分の頭で消化できない情報というのは、必ずどこかで迷いが生じ、正しい判断につなげる事ができないからです。(結果、運に頼る事になってしまい、その場しのぎの質の悪いトレードしかできなくなってしまいます。)



私の経験上、ウワサが立っている銘柄やその内容をあなたが確認している時には、もう既にその情報の賞味期限が切れていると言っても言いすぎではないと思います。(すべてがすべてではありませんのであしからず。)




私のやり方は、あらゆる場所から徹底的に情報を集めた後は、徹底的に情報を絞込み、銘柄を決め、メンターの思考と照らし合わせてパターンとタイミングを読み、自分で納得できた時、一気にしかけます。ここが一番気合が入る瞬間です。




『ちょっと上がりすぎたけど、まいっか。とりあえずここで買っておけば少しは利が食えるだろう・・』というようなあいまいな投資は絶対におこないません。一回のミスで、せっかく積み上げた利益を一気に減らしてしまう事の恐怖を知っているからです。


自分の中の基準から乗り遅れたと判断した場合は、一般的にまだ儲かる可能性があったとしても、その機会は見送ります。これは徹底します。



たった一回の判断ミスのおかげで、何ヶ月も億万長者になる事が遅れてしまうのです。



1秒の間に犯したミスで、数ヶ月の時間を無駄にする事も十分考えられるのです。




市場心理の中で、どう自分だけ抜き出る事ができるのかを常に考えろというメンターの教えは絶対です。




勝手な判断は投資の世界では命取りです。


-太絃-




t7770771 at 00:00│clip!