兵庫県姫路市は1日、同市出身の哲学者、和辻哲郎にちなんで優れた評論や哲学論文を顕彰する「和辻哲郎文化賞」の受賞作品を発表した。

 幅広い評論などが対象の一般部門は、学習院女子大教授の今橋理子氏(日本美術史)の「秋田蘭画の近代 小田野直武『不忍池図』を読む」、哲学や思想などが対象の学術部門は、出版社勤務の互盛央(たがい・もりお)氏(言語論)の「フェルディナン・ド・ソシュール 言語学の孤独、『一般言語学』の夢」が選ばれた。

 授賞式は和辻の誕生日に当たる3月1日に行われる。

【関連記事】
児童文学作家の川村たかし氏が敗血症で死去 78歳
「坂の上の雲」英訳版刊行へ
世界文化賞の写真家・杉本さん 静岡の新美術館で「祝う会」
別所哲也、世界文化賞でストッパード氏祝福
世界文化賞 来年の受賞者発表は9月、授賞式は10月に

雑記帳 受験生に評判、「落ちない」ペンキで絵馬 静岡(毎日新聞)
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点-異例の長期審理へ・東京地裁(時事通信)
マンション非居住者限定の「住民活動協力金」は有効 最高裁(産経新聞)
土地購入前日、8億円を集約=陸山会など複数口座から-資金洗浄意図か・小沢氏団体(時事通信)
デフレ克服、日銀と一体で=新成長戦略で経済成長-菅財務・経財相(時事通信)