枝野幸男行政刷新担当相は1日の記者会見で、憲法改正について、「憲法が障害になっているために(物事が)前に進まない段階で初めてやればよい。現時点で公式の議論をする必要はない」と述べた。枝野氏は野党時代の民主党憲法調査会長を務め、鳩山政権では法令解釈を担当している。

【関連記事】
トップと足並み?居座る小林議員 小沢氏発言で首相も“転換”
枝野氏「自由に議論を」 郵政法案めぐる対立で
小沢氏の矛先は“便乗閣僚”に?
焦点は「小沢氏の進退」予算成立で参院選まで4カ月
首相「早急に協議必要」 辞職拒否の小林議員 閣僚から党執行部への批判も…
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

傷害容疑で追送検=反捕鯨のSS活動家-海保(時事通信)
民主党政権へ 自滅は御免こうむる(産経新聞)
北海道駒ケ岳 一部入山許可 噴火以降11年8カ月ぶり(毎日新聞)
平成の大合併が終了、市町村数半減1727に(読売新聞)
橋下知事「申し訳ない」 府立高教頭の大麻所持(産経新聞)