金融庁は16日、株式の公開買い付け(TOB)情報を公表前に入手し、不正な株取引で利益を得たとして、金融商品取引法違反(インサイダー取引)で税理士や信金職員ら4人に対し課徴金納付命令を出した。証券取引等監視委員会の勧告を受けた措置。課徴金額は自営業者が1127万円、税理士が14万円、信金職員が101万円、会社員が85万円。 

【関連ニュース】
特別顧問に高木元金融庁長官=アフラック
薬のネット販売など重点項目に=農協関連も対象
リンク・ワンの処分勧告=有価証券報告書の虚偽記載
企業統治で制度強化=独立役員や報酬開示を義務化へ
保険会社の健全基準を厳格化=12年3月期から

開星高校元教諭を再逮捕 児童ポルノ禁止法違反容疑 島根県警(産経新聞)
<トキ>新たに1組産卵か 3組目に 環境省が発表(毎日新聞)
福岡の英会話学校米人、わいせつ容疑4度目逮捕(読売新聞)
亀井氏「外国人選挙権に拒否権発動している」 反対集会で強調(産経新聞)
「認めてもらえるよう頑張る」AKB内ユニット「渡り廊下走り隊」の新メンバー初お披露目