福岡県糸島市の「白糸酒造」(田中信彦社長)で江戸時代後期の創業時から受け継がれる伝統の「ハネ木搾り」による新酒搾りが始まった。機械化が進む中、この手法を残す酒蔵は全国でも珍しく、搾りたての生原酒は2月4日の立春に合わせて発送される。

 ハネ木搾りは約8メートルのカシで作った「ハネ木」の先端に計約1・2トンの石を釣り下げ、てこの原理を利用して木箱に詰められたもろみを搾る技法。同酒造では創立の安政2(1855)年から続けられてきた。

 初搾り2日目の20日は、杜氏(とうじ)の中村常雄さん(73)や蔵人ら4人が石の数を調整しながら縄でハネ木にくくりつけ、新酒をじっくりと搾り出す作業にかかった。田中社長は「今年は寒い日が多く、時間をかけて発酵させることができるため、味がまろやかになる」と仕上がりに期待を込めた。

 田中社長によると、ハネ木搾りは機械作業と異なり、もろみを搾りきれない分、雑味成分が酒に残りにくいという。

 搾りたての生原酒「立春」は745ミリリットル入りで1300円(税込み)。注文販売で受け付けは31日まで。2月20、21日と4月10、11日の4日間は新酒を試飲できる「蔵開き」が予定されている。問い合わせは同酒造((電)092・322・2901)。

【関連記事】
越冬ナベヅルの観察ツアー 山口・八代盆地
姫路で全国凧あげ祭り 手作りたこが乱舞
1.8mの筆踊る 広島で巨大書き初め
大洲歴史探訪館オープン 龍馬などの資料展示
ハマチ・ブリの「年末特別出荷」が最盛期 愛媛・宇和島

工場に相手国が立ち入りも…日中間で食品安全覚書(読売新聞)
<SL>「C61形20号機」修復へ 群馬の遊園地で展示(毎日新聞)
「荻野さんを刺した」 竪山容疑者の供述通り凶器も見つかる(産経新聞)
「だて」なだるま作り=仙台〔地域〕(時事通信)
警察庁 死因究明研を設置 鳥取、埼玉、相撲部屋リンチ…初動強化で事件闇に葬るな(産経新聞)