昨夏の衆院選北海道5区で当選した民主党の小林千代美氏(41)の陣営幹部による選挙違反事件で、公職選挙法違反に問われた元連合札幌会長山本広和被告(60)の判決が12日、札幌地裁であった。

 辻川靖夫裁判長は、連座制の適用対象となる懲役2年、執行猶予5年(求刑・懲役2年)を言い渡した。

 連座制は、候補者の選挙関係者が選挙違反で有罪となった場合、候補者の当選が無効となり、同一選挙区から5年間立候補が禁止される制度。

 禁固刑以上が確定すれば、札幌高検は小林氏本人への連座制適用を求める行政訴訟を札幌高裁に提起する方針。

首相「秘書逮捕、小沢氏に当然責任ある」(読売新聞)
<文科省>108大学に留意事項 専任教員不足など改善を(毎日新聞)
平松市長「大都市圏州を」 橋下構想に対抗する狙い(産経新聞)
日本脳炎ワクチン、3歳に接種勧奨(産経新聞)
制服 警官エンブレム偽造の2容疑者逮捕 茨城(毎日新聞)