韓国製の頭痛薬などを販売目的で保管していたとして、警視庁浅草署は薬事法違反(販売目的貯蔵)の現行犯で、韓国食品卸店経営で韓国籍の金(キム)世勲(セフン)容疑者(31)=東京都足立区興野=を逮捕した。同署によると、金容疑者は「悪いことと知りつつやっていた。友達から頼まれるので売っていた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、今月16日、経営する台東区西浅草の店内に、医薬品販売業の許可なく、韓国製の頭痛薬などを販売目的で持っていたとしている。

 同署によると、金容疑者は平成19年12月から店を経営し、キムチなどの食品を販売していた。同署は店内から、いずれも韓国製の頭痛薬や胃薬、避妊薬など26箱と湿布1袋を押収。金容疑者は、韓国での市価の約2倍で、主に韓国人に販売していたとみられる。

【関連記事】
偽バイアグラ販売で1億円 容疑の男2人逮捕 大阪府警
医薬品を無許可ネット販売、売り上げ1億円 ブラジル人の女逮捕
タミフルのネット広告事件 一部業者は国内輸入品卸売会社から購入か
タミフル個人輸入代行業者6人逮捕 大阪府警 
未承認避妊薬の所持容疑で雑貨販売店の夫婦逮捕 三重県警

<鳩山首相>子ども手当て財源「無駄の削減でできた余裕で」(毎日新聞)
衆院予算委、19日に地方公聴会=政府、個所付け資料を提出(時事通信)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(2)減る支え手…「助け合い」知恵比べ(産経新聞)
IMFなどに報告書提出=G20の政策相互評価で-政府(時事通信)
首相動静(2月14日)(時事通信)