すっかり寒くなりました第31回サクソフォンコンサート

2013年11月01日

大阪滞在記1♪

先月の中旬に、大阪国際音楽コンクールを受けにほぼ1年ぶりに大阪へ行ってきました


目的は観光ではなく去年のリベンジも含みつつの再確認。(まぁ、観光要素もなかったと言えば嘘になるでしょうけど・・・笑)


前回は幸運な事に、別のオーディションの副賞として、いきなりファイナルへ出場権をいただきましたが今回は地区本選から。
軽くシステムを説明すると、このコンクールは予選→地区本選→ファイナルという風になってまして、過去の入賞者は次回以降予選免除になるのです。


地区本選まではスムーズに事が運びましたが、ファイナルへと駒を進める事が決まった時点から今回は今までに無いくらい、演奏以前のアクシデントに難儀しました。

今回のサクソフォンカテゴリーは、ひと月前に開催場所が変わったり、カットが追加になったりしました。
が、それは僕にとっては何でもなくて(いや、それはそれで十分に焦りますが)、それ以前にピアニストが見つからない

これには本当に困りました。。。まぁ、これほどスケジュールのタイミングが合わない事もそうそうない(笑)
少ないながらもたくさんの伝手を駆使しまして何とか見つかり、無事に受けれましたが。

本当にいろんな方にお世話になりました
コンクールを受けた事がある方なら聞いた事がある迷信のようなものですが、“実力の他に運やタイミングもある”というのは、強ち嘘ではないのかもしれないなとふと、思いました。

“運”の観点から言うと、そこまで悪い訳ではなくきちんと舞台に立つことができたのだから寧ろ僕は運が良いのでしょう。


さて、前置きが長くなりましたが今回の結果というと、前回と同様2位をいただきました

同じコンクールを受けるという事は、真っ新な状態で臨むよりもやはりかなりのプレッシャーがあります。
もちろん同じ方々が受けている訳ではないものの、相応の結果はやはり狙っていかなければ…と僕は感じます。

その中で同じ順位をいただいた事は、本当に安心したと同時にもっと飛躍しなくてはと2つの感情が芽生えました。


写真は結果張り出し後に今回ピアノを引き受けてくれた大嶋さんと。
初めて共演しましたが、素敵な演奏をする方でした。
ぜひまた共演したいと思いました

実は大嶋さんは翌日自分の出場するカテゴリーがあるのにも関わらず、引き受けていただき本当に感謝です!!もちろん結果もきちんと残し、1位になりました。
翌日応援しに行ったのですが大丈夫だと思ったものの、実際に手ぶらで東京へ帰すことにならずに、僕は内心ほっとしていました(笑)

988323_422598804530178_148658008_n





t8115 at 15:39│Comments(0)TrackBack(0)楽器 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
すっかり寒くなりました第31回サクソフォンコンサート