モダ住ブログ

快適なモダン住宅を目指して建てた我が家の建築後の日記です。メンテナンス、DIY、家電、インテリア、その他最新の建築部材、工法などの家づくり情報を載せています。建築日記など詳細は『快適なモダン住宅を建てよう』にあります。

キッチン水回りの修繕

電気温水器の更新に続いてキッチン水回りの修繕です。

温水器の更新をした後、なぜかキッチン水栓の水の出が悪くなりました。最初は、工事の関係で止水栓が絞られているのかと思いましたが、どこも開いていて問題は有りませんでした。

洗面台など他の水の出方を見てみても特に問題なく、キッチンだけがおかしいようです。となると水栓側に何かあるということです。モダ家では、水栓から分岐して浄水器をつけているので、まずはそこを点検。

すると、見事にゴミが詰まっています。何やら樹脂を削った削りカスのようなゴミがフィルターの手前に詰まっていました。それを掻き出して元に戻すと...見事に水の出方は元通り!まずはめでたしです。

さて、次は排水側です。こちらは何度も清掃しているのですが、排水管が油汚れなどで詰まってしまっているのです。半年ほど前に掃除したばかりなのですが、また!です。油汚れをシンクに流しているのが原因でしょう。

一番の問題はトラップから排水管への繋ぎ目が蛇腹ホースになっていること。トラップ出口と排水管の位置がずれているのでホースで繋いでいるのですが、どうしてもホースが横になるので、そこに汚れがたまりやすく、ヘドロのような固まりになって水が流れにくくなるのです。

根本的には排水管の位置変更が必要ですが、そこまでできないので、とりあえず汚れの溜まりやすい蛇腹ホースを交換することにしました。ホースそのものが古くなっているのも原因と思われたからです。

うまく合うものがあるかと心配しましたが、配管系は大体規格化されているようで、一般的な部品が売られていて、モダ家の配管に合うものもホームセンターで見つかりました。

配管を外して、蛇腹ホースも外し、まずはそれらの清掃です。このまま交換してもよかったのですが、どうも繋ぎ目のネジ部分がキッチン側のカバーと干渉してしまうので、配管の一部をノコギリでカット、適度に短くしてからホースを交換しました。...というよりは、この配管自体、意味なく長過ぎのような気がしましたが。

それはさておき、最後にホースを交換したトラップ本体を排水口に取り付け、作業は完了です。漏れた水を拭き取ってから、恐る恐る水を流して漏れてないことを確認しました。これでやっと交換完了です。

もうゴボゴボと音がすることもなく、スッキリと流れてくれます。あとはもうあんまり油を流さずに使ってくれれば、何年かはもつはずです。ふ〜今週末は疲れました。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

電気温水器水漏れ(7)

P_20171014_135303
昨日、電気温水器の更新工事が行われました。

朝から電源オフ、室内リモコン交換、外部のタンク交換で工事は無事に完了しました。

昨日はタンクに水を入れるだけで、お湯が出来ませんでしたので、夜のお風呂は近所のスーパー銭湯に行きました。温水器だと、こういう時に不便を感じます。まあ、たまには外でお風呂も悪くないですけど...

朝起きて室内リモコンを見ると、お湯も満タン。今日から今まで通りお湯が使えそうです。今回の更新では450Lタイプから370Lタイプにサイズダウンしています。15年も経っていますし、時代進化と合わせて少しは電気代も節約できるかなと思っています。

さて、問題は設備更新にかかる費用。まだ請求はないですが、今月中の支払いとなるでしょうから、資金の準備をしておかないといけません。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

扇風機収納2017年

今日は扇風機を収納しました。

今年は例年に比べて2週間くらい遅い収納になりました。9月末ごろまで汗ばむような日が多かったためです。が、この1週間、かなり気温が下がって肌寒くなってきました。さすがに扇風機は使うこともないと思い、収納しました。

扇風機も年々、傷みが出てきています。そろそろ10年経とうかというところですから、来年、再来年には交換しないといけないかもしれません。ここのところ、設備、家電の故障が連発していますから、来年くらいは持ってほしいと願っていますが、どうなるでしょうか?

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

電気温水器水漏れ(6)

電気温水器からエコキュートへの置き換えをするか?です。

まず、設備更新にかかる費用ですが、見積もりによると、概ね12〜13万円の差があります。ここには熱交換器の台座分が入っていないので、あと数万円は上乗せされます。仮に2万円として、+15万円と考えましょう。

エコキュートは設備そのものは高いですが、かかる電気代は抑えられます。こちらも仮に設定しますが、電気温水器では月に3000円かかっていた電気代がエコキュートになると月に1000円程度になるそうですから、その差2000円。

年間で考えると24000円。設備が無故障で10年間持つとして、24万円を取り返すことができます。先ほどの設備費用の差分、15万円は超えるので元を取って余りあります。

単純にこれだけ考えるとエコキュートがお得とも思います。が、エコキュートは通常のエアコンと同じ仕組みでお湯を沸かします。夜間、毎日エアコンが作動しているのと同じです。しかも一年中です。回転部分を持ち、圧力のかかる冷媒配管があるので、どうしても故障が避けられないようです。

10年間持って、故障して修理したと考えると、ほとんど差がないことになります。さらに、電気温水器であれば、今回のモダ家のように15年くらいは無故障で最低でも持ちそうですが、エコキュートはそうはいきません。

修理手間なども考えると、結果的に電気温水器とエコキュートはほぼ同等のコストがかかる設備だと思われます。ということで、モダ家としては今回も電気温水器を選ぶことにしました。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

電気温水器水漏れ(5)

水漏れ発生した電気温水器の修理が出来ないとのことで、設備の更新が必要になりました。

工事見積もりをお願いし、結果が出てきました。

電気温水器更新(セミオート)
エコキュートに更新(セミオート)
エコキュートに更新(フルオート)

この順に見積もり額は上がります。セミオートとは、湯張りは自動ですが、その後の温度調節は手動、フルオートとは、温度調節まで自動というものです。

現状はセミオートですが、フルオート化したほうが便利なのは確かです。が、誰も入っていないお風呂のお湯の温度を常に調節するので、無駄なお湯を使うことになり、電気代が上がるようです。

またフルオート化するには、お風呂からタンクに戻す配管を追加しなければいけなく、追加工事が発生してしまいます。

フルオートはモダ家としては、あまり必要ない機能なので、これは最初から外して考えますが、問題点はエコキュートにするかどうかです。長くなってきたので、次回に続きます。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

外壁塗り替え工事見積もり(4)

今日は既に塗り替え工事をしたお宅を拝見してきました。

と言っても、他人の家をジロジロと見るわけにもいかないので、何となく横を通過しながら横目で塗装の状況を眺める感じです。結果はまずまず問題ないと感じました。

半年から5年程度経ったお宅でしたが、多少の経年劣化は感じましたが、特に大きな問題は有りませんでした。

ということで、ほぼ決心はつきましたが、やはり先立つものが不足気味です...実際の工事は来年初め頃になるでしょう。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

電気温水器水漏れ(4)

今回、電気温水器の水漏れ発生で気づいたことを書きます。

今回の水漏れは、たまたま家周りの雑草を抜こうとして、気づいたことです。でも、表の庭メンテはやっても、裏まではやらない、または滅多に見ないという人も多いと思います。

もし、今回の外回り点検で気づかなかったとすると、どうなっていたでしょうか?お湯は普通に使えているので、全く気付けなかったと思います。気付かないと、水漏れしたままになってしまいます。

最悪、どこかのタイミングで大量に水、お湯が漏れてしまい、大事にに至るかもしれません。

...というようなことを考えると、最低でも週に1回くらいは家の周りを1周するくらいの点検はしたほうが良いと思います。特に新築後や築後10くらい経ってからは...是非ご注意ください。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

外壁塗り替え工事見積もり(3)

先週、見積もり依頼したリフォーム店から見積もりの説明を受けました。

金額的には、塗料によって変わりますが、一般的なシリコン塗料で屋根+外壁で140万円、ラジカル系塗料で160万円、フッ素系塗料で180万円というところです。

モダ家は外壁面積が広いので、その分費用がかかってしまうようです。この点は片流れ屋根の不利なところです。

他にも何社か見積もりをもらいましたが、結果的にはそれほど大きな差が出ないことがわかりました。概ね+-10万円くらいの幅に入ってきます。あとは塗料のグレードによるという感じです。

この中で言うと、一番詳しい説明をしてくれたのが、最後に見積もりを依頼したリフォーム店さんでした。工事も信頼出来そうですし、あとは近所で工事した現場を確認させてもらって問題なければ、ここでお願いしたいと思います。

ただ、電気温水器が壊れたのもあって、予算的に厳しいので、工事の時期は後ろにずらします。年末か、もしくは来年春頃にしようと思います。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

電気温水器水漏れ(3)

モダ家の電気温水器が壊れました。築14年目のことです。

新築した際、家の設備は当然全部新品でした。家電も新築に合わせて買い換えたり、買い足したりしたので、築10年を越える頃から徐々に壊れるものが出てきました。

築10年目 床下換気扇故障
築12年目 冷蔵庫故障
築13年目 電子レンジ故障
築14年目 蓄熱暖房器故障
築14年目 電気温水器故障

さらに今年、リビングのエアコンも調子悪くなってきました。冷えにくくなって電気代もかかるようになりました。これに外壁、屋根の塗装劣化で塗り替えが必要です。

あと大物の設備、家電というと...トイレ、テレビでしょうか?テレビはまだ10年程度なので、もうちょっと頑張ってほしいですね。心配なのはトイレ。タンクレスなので、電動で流すトイレです。

毎日使うもので、かつ14年目の設備、そろそろ故障しても不思議ではありません。しかも、壊れた状態で放置も出来ないので、すぐ交換しないといけません。覚悟はしておいたほうが良いでしょうね。

あ、それとIHコンロに食器洗い機…これらも故障、交換となると大きな出費です。改めて家電設備に囲まれた生活をしていることに気づかされますね。この辺の故障が一巡するとだいたい一通りの設備更新が済むという感じです。

ここのところ、常に何かの調子が悪いという状況ですので、しばらくは故障に悩まされない生活がしたいものです。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

電気温水器水漏れ(2)

今週始めに見つけた電気温水器の水漏れ、とりあえず設備やさんに見てもらいました。

結果は...残念ながら修理出来ない故障ということで、交換の必要有りということです...前回も書きましたが、塗り替えをやろうとしていたところで、また大きな出費。正直、厳しいです。

どちらかというと、電気温水器のほうが緊急性が高いので、こちらを優先せざるを得ません。交換は、電気温水器をそのまま置き換えるか、エコキュートに置き換えるか、です。

いずれにしても、今のモデルの450リットルは不要なので、一回り小さい370リットルにします。あとは、エコキュートにするかどうか、ですが、こちらは見積もり市大です。

今はエコキュートもだいぶ安くなっていると思うので、それに電気代が節約出来る分を合わせて、電気温水器を下回れるかどうかが選択のポイントです。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。
記事検索
livedoor 天気
Recent Comments
Archives
Amazon Webサービス
  • ライブドアブログ