モダ住ブログ

快適なモダン住宅を目指して建てた我が家の建築後の日記です。メンテナンス、DIY、家電、インテリア、その他最新の建築部材、工法などの家づくり情報を載せています。建築日記など詳細は『快適なモダン住宅を建てよう』にあります。

大阪北部地震

今週、北大阪で大きな地震がありました。

何らかの被害にあわれた方も多いと思います。心からお見舞い申し上げます。

今回の地震の規模は震度6弱とのこと。東日本大震災の時のモダ家周辺がそれくらいの震度だったので、どのくらいの揺れだったか、想像できます。

ニュースによると、約2500棟の建物に被害が出たとのこと。大阪は古い建物も多いので、それらに被害が出たのでしょう。

モダも大阪出身ですが、今でも戦後直ぐに建てられた長屋や古い文化住宅(アパートのこと)が数多く残っているのを見かけます。

耐震補強していない建物も多いと思われます。今回のような比較的大きな地震がくると、何らかの被害にあってしまいます。

当然費用はかかりますが、是非とも耐震補強をしていただきたいと思います。

あとは、地震はどこにでも発生する可能性があるということを認識すること。さすがに阪神大震災を経験した関西地方ではないと思いますが、今でも地震が少ない地方に住んでいるから大丈夫みたいな話を聞きます。

が、日本に住む限り、地震からは逃れられません。必ず地震対策、防災をしましょう。あとは地震保険、これも必ず入ることも忘れずに…

フリードエアコン修理

フリードのエアコンを修理してもらいました。

と言っても、以前行ったガスのフレッシャーです。2年前にも同じことをやって、またエアコンが効かなくなっているので、また同じことの繰り返しになるかも知れません。これでもう一度様子をみてくれとのことでした...

とりあえず後にはエアコンは効くようになりましたが、いつまで持つことやら...原因はどこか配管などからのガス漏れだとは思いますが...

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

2018年扇風機

かなり暑くなってきたので扇風機を出しました。

例年と比べると1週間くらい早い感じです。今年は春先から異常に暑い日があって、そうと思うと急に寒くなったり...と変な天気が続きます。

そのせいか、いつもより暑くなるのも早い気がします。ちょっと早い気もしますが、とりあえず扇風機は出しておいても損はないので、出しておきました。

出したら出したで、また寒くなる気もしますが...

相続登記(6)

今日は登記に向けた最後の打ち合わせでした。

打ち合わせというよりも、相続確認書への署名捺印と不足書類の手渡しでした。自分以外の必要書類は既に送付済みですので、残りは自分関連だけです。

・印鑑登録証明書
・戸籍謄本
・固定資産評価証明書
・土地建物の権利書

このうち、戸籍謄本はマイナンバーカードですぐに取り寄せられると思っていたのですが、自分の住んでいる自治体と戸籍が違う場合、カードの登録が必要で、これに約3日かかるそうです。

最初、カードで取りだそうとしたのになぜかカードが使えないと表示されるので、なぜ?とわからなかったのですが、先にこのカードの登録が必要なのだそうです...

マイナンバーカード、便利なんですが、ちょっと面倒くさい手続きか必要なところがイマイチですね〜

今週中には取り寄せられるので、それを司法書士さんに送ったら書類は全部揃います。あとは経費と報酬を振り込んで、登記をしてもらえます。

必要経費以外の報酬は約50000円、他の司法書士さんを調べてもだいたいこれくらいなので、相続登記をするとこれくらいが常識的なところなのでしょう。

あとは登記完了すると、登記識別情報というものが所有者に送られて、登記作業は全て完了になるようです。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

相続登記(5)

相続登記、モダ家の場合です。

モダ家は、二人兄弟で、現在は二人とも実家を出て独立しています。10年以上前に父が亡くなり、今は母親が一人で実家に住んでいます。

前にも書きましたが、父が亡くなった後、相続登記をせずに10年以上経ってしまいました。今は母親も我々兄弟も元気ですが、いつ何があるかわかりません。

母が一人暮らしをしていますが、高齢なので病気で入院したり、一人暮らしができなくなり、老人ホームに入ったりすると、実家は空き家になってしまいます。

誰も住まないのであれば、放置しても勿体ないので売却したいのですが、いざ売却するとなると、所有者が亡くなった父のままでは売却することもできません。

いざそうなってから慌てるのも嫌なので、相続人が全員元気で動ける間にさっさと相続登記をしておこう、というのが今回のきっかけです。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

相続登記(4)

相続登記の4回目のエントリです。

今回は必要な書類です。相続人が複数居る場合を想定しますと、以下の書類が必要になります。

相続する土地建物の登記簿謄本
遺産分割協議書
被相続人の戸籍謄本(生まれてから亡くなるまで)
全相続人の印鑑登録証明書
所有権移転先相続人の住民票

これらが必要になる書類です。不動産は特定されているでしょうし、相続人の印鑑証明書や住民票の準備は問題ないと思います。

一番問題があるのは、被相続人の戸籍謄本でしょう。相続人を特定するために生まれてから亡くなるまでの戸籍をたどる必要があります。ずっと一つの戸籍で変わらない方なら比較的簡単ですが、何度か戸籍を変えられている場合はそれらを揃えるのが大変です。

まず、亡くなった時の戸籍を取り寄せます。その戸籍には、そこに移る前の戸籍が表示されていますから、順にたどりながら古い戸籍を取り寄せていきます。

もちろん異なる地方自治体の場合は、その自治体に対して請求する必要があります。そうして順々に戸籍をたどり、生まれた時の戸籍までたどり着けたら完了です。被相続人の戸籍の変更次第ですが、かなり大変な作業で時間もかかります。

場合によりますが、自分で書類を揃えようとして途中で挫折するのはこういうところらしいです。そんな時にこそプロに頼りましょう。戸籍謄本の取り寄せも司法書士さんでやってくれます。もちろん報酬は必要ですが、費用と照らし合わせてお願いすることも検討して良いでしょう。

もうひとつは、遺産分割協議書です。モダ家は問題ありませんでしたが、遺産分割について話し合いがまとまらないと話が先に進みません。これは相続登記以前の話ですが、被相続人が亡くなる前に十分話し合っておき、もめないようにしたいものです。

次は実際のモダ家の相続登記作業について書きます。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

相続登記(3)

相続登記の3回目のエントリです。

前回までで、誰に依頼すれば良いかわかりましたが、ではどうやって依頼先を探したら良いでしょうか?というところからです。

司法書士さんは、最近はネット上でもサイトを作成されている方が増えてきています。自分の住所地と司法書士で検索すると、何人かのサイトが出てくると思います。

その中から相続、相続登記に詳しそうな司法書士さんを選び出します。だいたいどういった業務が得意で、どんな実績があるかも書かれていることが多いと思います。

詳しそうと思われる司法書士さんを選びますが、それだけで依頼するのもまた心配ですよね。大抵の司法書士さんは、そういうことも考慮して、1回目の面談や相談は無料としている方が多いようです。

これを活用して、まず相談するとこらから始めましょう。直接お話をするなかで信頼できそうと感じればそのまま依頼すれば良いですし、そうでなければ別の司法書士さんに当たれば良いでしょう。

次回は必要な書類について書きます。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

メルカリ2回目

先日、初めてメルカリを使って不用品を売りましたが、今日は2回目です。

今回は新品のカシミアニットベストです。頂き物なのですが、全く着る機会が無いので、このままだと勿体ないということで、売りに出しました。

最初はレスポンスが悪かったので、値下げして様子を見ました。そのせいか今回は割りと早く購入者の方が見つかり、売りに出してから2日で売却です。

後は発送ですが、前回で発送の仕方もわかっているので、楽勝です(^_^ゞ あまり使わないけど、捨てるのは勿体ない、それなりに売れそうなモノを持っているなら、売却で結構使えるツールだとわかりました。今後活用できそうです。

実際やってみると簡単ですから、そういうモノをお持ちの場合は試してみることをお勧めします!

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

相続登記(2)

自分が相続人になる不動産がある場合、相続登記する必要があります。

では、登記はどのようにすれば良いか?ですが、モダが調べた限り、頑張って自分でやる方法もあるようですが、基本的にはプロに任せるのが良いようです。理由は色々ありますが、

・登記や相続の方法について詳細を調べる時間が省略できる
・プロの経験から、相続として適切なアドバイスがもらえる
・プロの仕事であれば信頼できる
・作業がスムーズに進むので登記完了まで時間が短縮できる
・わからないことは質問できる
・自分でできないことは代行をお願いできる
・複数の相続人が関わる場合、プロのほうが信頼される

というようなことがあります。費用はそれほどではないため、よほど予算的に厳しくなければ基本的にはプロに依頼したほうが良いと思います。

では、依頼するプロとはどういう人でしょうか?ここはモダも迷いました。結局、法律関係に詳しい友人に確認してわかりましたが、依頼先として一番適切なのは、「司法書士」さんです。

普通の人は普段関わりが無いので、司法書士と言ってもどこの誰にお願いすれば良いのかわからないですよね?次回はその辺について書いてみます。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。

2018年GWの点検清掃(8)振り返り

今年のGWもあと1日、今回の点検清掃を振返っておきます。

今年やったことは、

垣根の刈り取り
タイヤ交換
洗車
芝生メンテナンス
換気システムメンテナンス
吸気口フィルタ清掃
無垢床ワックスがけ
2階収納片づけ
キッチン収納片づけ
玄関収納片づけ
子供部屋片づけ
ベッドフレーム修理
電気温水器メンテナンス
床下点検

です...
一応、予定していたことはこなせた感じでしょうか?振り返ってみると結構色々やってますね!我ながら感心です(^_^ゞ

秋には床ワックスがけ、垣根の刈り取りをやります...と宣言しておきます。

シンプルモダンな快適住宅情報サイト『快適なモダン住宅を建てよう』管理人モダがお送りします。
記事検索
livedoor 天気
Recent Comments
Archives
Amazon Webサービス
  • ライブドアブログ