東京都は3月8日、武蔵野市内の私立中高一貫校で生徒、教員合わせて35人が結核に集団感染したと発表した。都では、中学2年の生徒が発症から3か月後の昨年9月以降に受診した4医療機関が結核を疑わず、エックス線検査をしなかったため診断が遅れ、感染を拡大させたとみている。

 都によると、中学2年の生徒は昨年6月ごろから発熱やせきなどの症状があり、徐々に増悪。9-11月に5医療機関を受診したが、4医療機関では結核を疑わず、11月に感染性肺結核と判明するまで生徒は登校を続けた。
 35人の内訳は、発病者9人、感染者26人。
 結核は、感染者が発病する確率は通常10%程度で、潜伏期間は3か月から2年。

 都では、4医療機関がエックス線検査を実施せず、感染性肺結核の診断が遅れたことが集団感染の原因の1つとみて、8日中に都医師会を通じて都内の医療機関に通知を発出。2週間以上持続する発熱やせきなどが臨床症状だとした上で、「症状だけでは結核の診断はできない」として、「胸部エックス線検査などから結核を疑うことが大切である」と注意を呼び掛けている。


【関連記事】
結核医療は「曲がり角」
「ユニット化病床」などで議論-厚労省・結核部会
結核「特定のリスク集団」への対策を
結核制圧へ「都市での対策重要」―WHO神戸所長が講演
新たな結核患者、9年連続で減少

皇太子さま、アフリカへ出発(時事通信)
田母神氏、統合幕僚学校に開設「歴史・国家観」講座を廃止 (産経新聞)
大島氏、普天間5月未決着なら退陣を=首相「国民への約束守る」(時事通信)
インフル患者5週連続減、注意報地域は増加(医療介護CBニュース)
民主有志、政調復活を申し入れ=首相「簡単ではない」(時事通信)