民主党の田中真紀子元外相は13日午前、テレビ東京の番組に出演し、支持率下落が続く鳩山内閣について「生活感というか、体臭、汗のにおい(がしない)。『友愛』と言うが、あまり温かみがないし、感じられない」と苦言を呈した。
 鳩山由紀夫首相については「一般の生活者感覚からずれた地球人」と酷評。政権発足から半年を迎えることに触れ、「(鳩山内閣の政治が)何だか見えない、分からないと皆さんが感じるのは、この方々のやっている理想とする政治が、言ってみればバーチャルだからだ。今しっかりと目標、方向性を示さないと。(政権は)瀬戸際に来ている」と強調した。 

【関連ニュース】
内閣支持率、続落30.9%=参院選投票先、民・自並ぶ
09年度予算、各省で「仕分け」=概算要求に反映
「代替案は現状維持」=普天間移設、現行計画拒否なら
核の「あいまい戦略」制約に懸念=密約調査公表は静観
岡田外相、北方領土を視察

宅配便の再配達もインターネット時代へ
<檀家助成金>支出不当と返還勧告 三重の広域連合監査委員(毎日新聞)
三島風穴 埋め立て前に学術調査を 富士山周辺で最古級(毎日新聞)
自衛隊移転も検討=普天間、ホワイトビーチ沖案で-官房長官(時事通信)
<岡田外相>日米密約の有無、政府見解出さず(毎日新聞)