昨年1年間に全国の警察が認知した刑法犯の件数は、前年比6・3%減の170万3222件で、7年連続の減少となったことが14日、警察庁のまとめで分かった。コンビニ強盗の伸びが目立つが、未遂を含む殺人は前年比で15・4%減の1097件と、戦後最少となった。検挙率は32・0%で0・5ポイント上昇した。

 昨年1~6月の上半期に急増したひったくりは、街頭犯罪対策を強化した結果、下半期に大幅減。通年では前年比で0・6%減の1万9036件だった。

 取り締まりを強化した振り込め詐欺の件数が減少したため、詐欺全体の認知件数も29・9%減の4万5167件となった。

 コンビニ強盗は46・6%増えて896件。統計を始めた平成16年以降で最多となった。

 刑法犯認知件数の減少について、警察庁では「国民の防犯意識が高まり、自主防犯活動も活発になった。政府全体で犯罪抑止に取り組んだことも大きかった」としている。

藤井前財務相が退院(時事通信)
47歳男「遺体埋めた」=屋久島元社長不明-合同捜査本部設置・鹿児島、栃木県警(時事通信)
疑惑晴らすため説明を=小沢氏周辺の土地取引問題で-農水相(時事通信)
大規模災害に備えて連携 都営・東京地下鉄が合同訓練 牛込消防署で(産経新聞)
<火災>青森の民家で 親子?3人死亡(毎日新聞)