都市の街並みを「ストリートビュー」としてインターネットで無料公開している検索大手「グーグル」が11日、施設内部まで見ることができる「スペシャルコレクション」に京都市の世界遺産・二条城と西本願寺や各地の遊園地、大学、ゴルフ場など13都府県の32施設を加えたと発表した。国内の世界遺産が収録されたのは初めて。

 同社によると、他に追加されたのは、築地本願寺▽富士急ハイランド▽高台寺▽立命館大びわこ・くさつキャンパス▽熊本城--など。

 また、ストリートビューの対象エリアを新たに和歌山県など21県増やし、東京都や大阪府など17都道府県ではエリアを拡大した。同社は「観光客の増加に結びつけば」としている。

【関連ニュース】
日本ペンクラブ:グーグル和解案に反対表明 米公聴会
グーグル検閲問題:米政府、WTO提訴を検討
【新刊本】『実践!グーグルマーケティング』=押切 孝雄・著
米グーグル:中国検閲問題 米国、WTO提訴検討
イタリア:子供のいじめ動画、ネット管理者に削除義務 グーグル幹部、有罪に

運転再開近づく「もんじゅ」 ナトリウム漏れに対策(産経新聞)
<開国博>旅行会社が主催者提訴 過払い入場料の返還求める(毎日新聞)
「政権交代の成果」と与党=自民、国際情勢考慮を(時事通信)
供述調書報道、草薙厚子さんとNHKが和解(読売新聞)
決算と政投銀融資検証=民主PT、日航問題で初会合(時事通信)