August 28, 2006

THE 夢人島 Fes、ありがとう!!!5

画像クリックで大きい画像が開きます
THE 夢人島 Fes
筋肉痛、真っ最中です^^;

なんとか、帰って来ました!帰宅時間は午前2時半!!!
予定の午後9時より10分も前に終わったライブなのに^^;

主催者の色んな未経験による不手際もあったりして、あれこれブーイングもあったけれど。

なにより。
素晴らしい瞬間に立ち会えた幸せが今も続いています。


夢人島フェス
6万人の人出は、想像をはるかに越え、どっからこれだけの人が集まったのか?とか、これだけの人がいて、ホントに1つにまとまるのか?とか、まるでテーマパークのようだ!とか。
いろんな感想を持ちつつ。

とにかく、このイベントに参加できたこと。
その時間を共有できたこと。

それを体験できたことが夢のようです☆

写真で分かるかと思いますが、めちゃくちゃ暑くて、天気も良くて。

またまた、数倍日焼けが増してしまいましたが。
こんな夏はもう二度とない!かもしれない。

自分の人生に、こんな日があった!!
それだけで、もう負けなしの人生だって思えます♪


夢人島フェス
ライブの模様は規定上、写真に収められなかったので、その裏からの1枚です。メインのライブだけじゃなく、サンプラザ中野を始めとする、素敵なミュージシャンのライブを、バックグラウンドに朝10時から午後2時まで、海風と緑と大きな熱気を感じながら。

美味しいご飯を食べ、マジシャンやストリートライブ(普通に歩いてたら、フリーウェイハイハイがライブしてたりするの!)や、サンバパレードなど(詳細はこちらクリックで!)、気を抜かないイベントが目白押し!

そう言えば、あるポイントでレポートをしてた人を見て。
「誰だっけ?どっかで見た事はあるんだけど・・・」と思ってたら、TIMのレッド吉田くんで。
どうも、ゴルゴがいないと、TIMだと気づかれない彼なのでした(^^;


夢人島フェス
さて、午後3時、メインステージ!

普段のサザンのライブとは全く雰囲気が異なる客層。
何しろ、若い女の子が多い!
曲の1つ1つに悲鳴が上がったり^^;

その違和感が。。。最初はありました。

そんな中、まずBEGIN。
会場中を包むぎこちなさ。
何しろ、それぞれのファンがあちこちに散らばって様子を伺ってる状態だから。
それを。。。
「寝ててもいい。拍手もいらない。」なんて、冷たい言葉で笑わせる栄昇さん。
それで一気にステージに焦点が集まりました!

そして、GLAY。
どこか緊張気味だったテル君が印象的でした。
その、GLAYファン独特の両手を前後する振りも、最初のうちは限られた人数だったのが。
テル君の「お父さん、お母さんも頑張って(何しろ、サザンファンはGLAYファンの親の世代が多いからo(;-_-;)o )!」の声に導かれ、会場中がGLAY信者のように!

ポルノグラフィティ。
いきなりコスプレで現れて、完全にここで、各ファンの垣根は飛びました!
もっと、笑わせるステージかと想像していたのに、意外にも骨っぽい!
「ミュージック・アワー」の『変な振り付け(by昭仁くん)』も、会場中で頑張りました^^


さて、私が楽しみにしていた後半戦。
まずはミスチル。

「敬称をつけたガキ共」という紹介の元に現れたスペシャルゲスト。
桜井君がピンクのシャツを着ていてくれたおかげで、ほんの乾電池くらいの大きさにしか見えなかったものの、「あ!あそこにいるのが桜井君だ!」って、よーく分かりました(^┰^;)ゞ

それにしても、彼の本当に楽しそうな、優しそうな笑顔☆
身体よくなって本当に良かったね!ここに来てくれてありがとう!と思いながら。

どうしても、聴きたかった「Sign」のイントロが流れた瞬間。
熱いものが込み上げて来て、抑えられず涙が滲んで困りました。。。

この人の声は、決して美声じゃないけど、心に訴える声だなと思います...


そして!!福山雅治くん☆唯一、ピンで参加のアーチストです^^
桑っちゃんに「マサジ」と呼ばれ、オチに使われてる彼ですが。

「その男、美貌につき…」の紹介通り。。。
改めて『カッコいい!!!!!』と^^
あの華奢だった「ちいにいちゃん(えっと、このフレーズ、行った人は分かるよね?今回のライブに限って、どんな意味で使われていたか。)」の頃から思えば、随分、マッチョになって登場です!

会場のあちこちから声援が!
そして。。。またも、どうしても聴きたかった「milk tea」で、涙。。。

それにしても、案外、ばりばり骨っぽいステージなのね☆

また、その魅力にはまりました!


そして、いよいよ、大将・サザンの登場です!
ずっと、椎間板ヘルニアでライブ欠場してた毛ガニちゃんの姿も見られ^^

いきなり「勝手にシンドバッド」から始まる掟破り!

いつもより数段可愛く女らしい原坊も素敵☆

その貫禄のステージに、一気にボルテージも上がります。
さっきまで、「キャー!」という女の子の悲鳴が充満していた会場に。
「ウオー!!」という野太い男の人の歓声が響き渡り。
いつものサザンライブに変化!

飛び跳ね、拳を突き上げ、一体化していく心地よさ♪

ラストの「希望の轍」で。。。
栄昇さん、テルくん、昭仁くん、桜井くん、福山くんも参加!!!

すごいことでしょ?これって..

こんな豪華メンバーと同じ時間を、同じ空気を共有できたこと。
これは一生もんの宝物です。


それぞれのメンバーのライブの間に。
桑っちゃんの「OH!クラウディア」の弾き語りを始め、桑っちゃんとオグちゃん・マコっちゃんの「真夏の出来事」(これはイントロがThe Orleansの『Dance with me』だった!すっかり騙された^^;)、栄昇さんと桑っちゃんの「恋のバカンス」、テルくんと桑っちゃんの「少年時代」、昭仁くんと桑っちゃんの「神田川」、そして、桜井くんと桑っちゃんの「奇跡の地球」が聴けたこと。。。

そして、最後に。。。

この出演メンバーたちと。

「一緒に花火を見れたこと!!!」

一生の想い出です。一生の宝物です。

もう二度とないだろう、この時間を、自分の人生の一部にできた幸せに。
このフェスに携わった全ての人への感謝を込めて。
ありがとう!(^O^)/ と言いたいです!

・・・タイトルは、THE 夢人島 Fes.2006。

2007もあるかもしれない・・・!!!

ってことで、『わたしのとっておき』今日は【THE 夢人島 Fes.2006】です。
それではまた..

↓お帰り前にどうかひとつ!ワンクリックお願いします


*****お薦め情報!*****
【9/10まで】期間限定!「ハリウッドヒルズパーティー」など、対象のプチブライスがなんと20%OFF!今すぐCheck!
おすすめプチブライス【トイザらス】
icon

このブログのトップへ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by G   September 05, 2006 01:01
う〜ん 文章からも感動が伝わってきますよ。
これだけの大物ミュージシャンが集まるだけでも注目度は凄いのにね。
それがコラボるちゅーのはたまらんな!
しかもみんな実力者ばかりでねぇ。。

夢を乗せて〜 走る〜 車道〜♪ いや〜名曲!
2. Posted by chocho   September 05, 2006 18:20
5 もう!すごい瞬間に立ち会えた感動は、いつまでも消えません^^
私の中では、サザン・福山雅治・ミスチルが大好きなミュージシャンベスト3なので、同じステージに立ってるのを直に見てるってだけで、一生もんの経験でした!!
また、いつか...その希望だけで生きて行けそうな気がします☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔