社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)、又市征治副党首、阿部知子政審会長ら幹部は6日夜、都内で会合を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、結束して対応していくことを確認した。
 会合後、福島氏は「気持ちを合わせて頑張ろうということだ。社民党の主張は米領グアム、(米自治領北マリアナ諸島の)テニアン移設とはっきりしている」と記者団に述べた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

携帯「フィルタリング」利用は5割弱…内閣府(読売新聞)
沖縄の理解に全力=鳩山首相(時事通信)
自転車・徒歩で30年間日本縦断 73歳「青春」燃ゆる (産経新聞)
<インサイダー>税理士らに課徴金勧告 TOB情報で取引(毎日新聞)
「会員の声聞く医師会に」原中新会長が所信表明(医療介護CBニュース)