鳩山由紀夫首相は19日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる「埋め立ては自然への冒涜(ぼうとく)」とした自らの発言について、「むやみに行うことには、そう発言した」と述べた。埋め立ての規模や方法によっては容認もあり得るとの考えを示唆したものだ。首相官邸で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

公然わいせつ・礼拝所不敬罪、篠山さん略式起訴(読売新聞)
乾燥大麻をネット販売、北海道の男2人逮捕(読売新聞)
<日米外相会談>「同盟」テコ、対米優先に地元反発(毎日新聞)
<小沢幹事長>再び不起訴処分、検察審が第2段階の審査へ(毎日新聞)
殺人 トランクにタクシー運転手の遺体 放火も? 平塚(毎日新聞)