■ショートゴトってなに?

筐体の隙間などからピアノ線等のゴト器具を差し込んで行うゴトを一般的に「ショートゴト」と呼んでいます。
電源系の端子や配線にゴト器具を接触して、文字通り「ショート」させるゴト手口と現在の「ショートゴト」の手口は異なります。

ゲーム中、特定の小役が揃うとサブ基板やメイン基板にその信号が送られます。この信号の通り道である配線や端子部分を「通信ライン」と呼んでいます。
現在のショートゴトにおいて、ゴト器具のターゲットはこの「通信ライン」です。
通信ラインにゴト器具を接触させ、瞬時に多くの信号を送り込むのです。その信号というのが前述の信号の疑似信号です。
驚くべきことに、通信ラインである配線の被膜を突破する手口も確認されています。

特定小役の信号を瞬間的に大量に送り込めばゴト器具の役割は終了します。AT/ARTを引き出し大量な上乗せも獲得するからです。
ここまでくるとゴト器具を所持した実行犯のオシゴトは完了して「打ち子」に後を任せることになります。
あとを引き受けた「打ち子」は悠然とゲームを消化して大量のメダルを出すのです。

ショートゴトは消え去ったゴト手口ではありませんから警戒が必要です。
その対策はカバー類の設置が有効です。通信ラインをカバーで防護するのです。


※ブログ内容の無断引用・転載禁止※
 無断での当ブログ記事の転載・引用・コピーは禁止とさせていただきます。
 ただしブログのタイトルとリンク掲載に限り、ご連絡いただかなくても結構です。

以下の二つのランキングサイトに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。  


にほんブログ村 パチンコブログへ



■その後が重要!!

様々なゴト対策があります。
めんどうだからといって避けて通ることはできません。
ホールさんによっては明確に専任者を設けたり、管理部門を新設される法人さんも少なくはありません。もはや「ついで仕事」で済むほどシンプルではないのです

ショートゴト対策にはカバー類、電波ゴトやクレマンゴト用には専用のセンサーの設置、遊技機の検査も重要なゴト対策の一つです。
さらにはゴト情報の収集、そしてセキュリティ関連のスタッフ研修も欠かせないところです。

「継続は力なり」とはよく言われる言葉です。継続無しではいけませんね。


ここでは「ゴト対策は事後が重要!」と申し上げておきます。


カバー類も両面テープの劣化によって剥がれかけたまま放置されていたり、センサー類が機能しないままメンテナンスされていなかったり、「放置状態」が散見されます。

「前回はいつ実施なさいましたか?」
遊技機検査についての質問にも明確なお答えが出てこないこともままあるようです。

実に面倒な業務であるだけに、実施して「ホッ」とするのは無理もありません。
しかし、「事後」が最重要です!!



※ブログ内容の無断引用・転載禁止※
 無断での当ブログ記事の転載・引用・コピーは禁止とさせていただきます。
 ただしブログのタイトルとリンク掲載に限り、ご連絡いただかなくても結構です。

以下の二つのランキングサイトに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。  


にほんブログ村 パチンコブログへ



■封印シール

「封印シール」を活用されているホールさんは少なくないことでしょう。
メイン基板やサブ基板等々だけでなく、不正に手を加えられそうなパーツ類に貼付されるケースもあります。

封印シールを剥がすと開封痕跡が残ります。「開封済み」などと文字がくっきりと残されてシールが剥がされたことを教えてくれます。
多くの場合、シリアルナンバーも印字されています。

しかし
遊技機検査の際に、封印シールの状態を確認するだけで済ませる事は避けましょう!!


封印シールに過度な信頼を置くことは危険です。特に遊技機検査時には細部のポイントに至るまでチェックされることをお勧めします。
「封印シールOK!」で済ませていると痛い目を見ます。


※ブログ内容の無断引用・転載禁止※
 無断での当ブログ記事の転載・引用・コピーは禁止とさせていただきます。
 ただしブログのタイトルとリンク掲載に限り、ご連絡いただかなくても結構です。

以下の二つのランキングサイトに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。  


にほんブログ村 パチンコブログへ



ゴトの種類や機種名で検索
(株)ティープラン 

linescanner


s-harness_bannar
s-harness (1)

st-bond_bannar (1)
st-bond_bannar

gmh_bannar (1)
gmh_bannar

er-99_1
er-99_2