■情報端子板のチェック

パチスロ機に必ず装備されているパーツの一つに「情報端子板」があります。

「集中端子坂」とも呼ばれるこのパーツの役割は、パチスロ機から送出される様々な信号を中継して外部に伝える役目です。コインの投入枚数や払い出し枚数、大当たり回数等々の信号です。

悩ましいことに、情報端子板は経年劣化します。使っていくうちに自然に劣化していくのです。
その結果として発生する障害の一つが「誤差メダル」であることはよく知られています。
しかし、どの台が障害を起こしているかを特定することはとても困難なことでした。悩みの種だったのです。

悪事に利用されることはないのでしょうか?
信号を外部に送り出す、しかも一方通行です。仮に外部からの不正な信号を筐体内に送り込むことは不可能(のはず)です。 
しかし、送出される信号に手を加えることを目的とした端子板の改造はあり得ます。

「情報端子板」のチェック、今では専用のチェッカーが数種販売されています。
もちろん弊社(ティープラン)におきましても取扱商品の一つです。
その機能につきましては直接お問い合わせください。



以下の二つのランキングサイトに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。  


にほんブログ村 パチンコブログへ



◆詳細情報はメールでお届けします(ホールさん限定です)◆
◆◆ご登録はこちらをクリックしてください(一切無料です)◆◆ 
◆◆◆お問い合わせ等はコメント欄(右下)をご利用ください◆◆◆

■立ち合いスキル!?

「バジ絆」において、中継基板交換の際に不正な基板が設置されてしまったニュースはまだ耳新しいところです。
交換作業者がその犯人であった事案でした。 

中継基板の交換作業がメーカー指定の作業者によって実施されることに「全幅の信頼」を寄せ、一切の警戒なしに交換作業を済ませたホールさんも少なくはないでしょう。
けれども、多くのケースでは作業を見守る形の「立ち合い」をなさったはずです。

「立ち合いスキル」という言葉があるかどうかは別にして、効果的な立ち合い方法を考える必要があります。
漫然とホールをうろうろしているだけで、果たして、目的に沿った「立ち合い」ができているでしょうか??? 

冒頭の事件でも 、監視カメラの死角を意識した作業の様子が録画映像から確認されています。
悪事を働く者たちは実に慎重です。作業をぼんやり眺めているだけでは監視役失格といっても過言ではないでしょう。 

立ち位置や注意ポイントなどをあらかじめ確認しておいて本番に臨んでいただきたいと考えます。
「立ち合いスキル」の再確認を強くお勧めいたします。



以下の二つのランキングサイトに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。  


にほんブログ村 パチンコブログへ



◆詳細情報はメールでお届けします(ホールさん限定です)◆
◆◆ご登録はこちらをクリックしてください(一切無料です)◆◆ 
◆◆◆お問い合わせ等はコメント欄(右下)をご利用ください◆◆◆

■「鉄拳2nd」電波ゴト発生!」

スタッフHです。


まだまだ、電波ゴトは減らない様です。

被害に遭われたのは今回も、低貸しコーナーに設置中の「鉄拳2nd」でした。

低貸しコーナーだから大丈夫!では無くゴト事例のある機種だから要注意!だったと…

低貸しであろうが無かろうが、ゴト氏達は獲物が有れば必ず狙って来ます。

特に電波ゴトはゴト器具を挿入したり、台に傷跡を残す事なく実行可能です。

未だまだ暗躍する電波ゴト。尚一層の警戒と電波センサーの設置をお願いします。



以下の二つのランキングサイトに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。  


にほんブログ村 パチンコブログへ



◆詳細情報はメールでお届けします(ホールさん限定です)◆
◆◆ご登録はこちらをクリックしてください(一切無料です)◆◆ 
◆◆◆お問い合わせ等はコメント欄(右下)をご利用ください◆◆◆
ゴトの種類や機種名で検索
(株)ティープラン 

linescanner


s-harness_bannar
s-harness (1)

st-bond_bannar (1)
st-bond_bannar

gmh_bannar (1)
gmh_bannar

er-99_1
er-99_2