「サラリーマン金太郎 出世回胴編」から不正に改造されたサブ基板が発見されています。

そのほとんどが中古機から、というのが現状ではありますが、新台で購入し設置している台が安全だということにはなりません。
なぜなら、サブ基板ケースを開封してサブ制御ロムを取り出し、プログラムを書き換える技術が既にゴト側の手の中にあるからです。 

「サラ金」に負けず劣らず「サラ番」からも不正サブ基板が数多く発見されています。
これも中古機が大半を占めます。
被害がこの2機種だけだと考えることには無理がありそうで全般に警戒が必要でしょう。 

一昨年の年末に大騒動になった事例を持ち出し、おもしろおかしく噂する業界関係者もいると聞き及びます。 
あれは、ある運送会社の倉庫内で大量のパチスロ機が改造された事件でした。
遊技機の製造番号を手掛かりにして不正機の設置ホールを特定し、「打ち子」のターゲットになったのでした。 

噂話としては興味をひく話題でしょう。
しかし、問題解決に繋がるかについては噂主たちの興味の範疇ではありません。 

一刻も早く不正サブ基板を排除することが肝心です。
「あそこのホールに設置されてるはずだけど、とっくに見つかっているだろうなあ。」
素早い対応がゴト氏たちを落胆させるのです。これを繰り返すことが大切です。

絶え間ないチェックが必要です。
それしか対応策はないのです。
至急弊社までご相談ください!!


以下の二つのランキングサイトに参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。  


にほんブログ村 パチンコブログへ



◆詳細情報はメールでお届けします(ホールさん限定です)◆
◆◆ご登録はこちらをクリックしてください(一切無料です)◆◆ 
◆◆◆お問い合わせ等はコメント欄(右下)をご利用ください◆◆◆